×

B’z テレビCM初出演!オリジナルソングも

[ 2011年2月22日 06:00 ]

 音楽ユニットB’zの松本孝弘(49)と稲葉浩志(46)の2人が、サントリー食品インターナショナルの「ペプシネックス」のCMキャラクターに起用される。B’zがテレビCMに出演するのは初めて。

 CMでは、キーメッセージ「GO NEXT! 先行くおいしさ PEPSINEX」をイメージしたオリジナルソング「さよなら傷だらけの日々よ」を披露している。

 乾いた大地が広がる大自然の中で熱唱するB’zの2人とモデルの加賀美レイナ(21)らが「ペプシネックス」を飲むシーンがシンクロされる。“ゼロカロリーでおいしいコーラ”を訴求すべく、爽快感あふれるCMに仕上がっている。

 撮影は迫力ある映像を撮るため、ヘリコプターからの空撮を行った。ベストショットを狙って何度も何度も上空を旋回。最後は頭上2メートルにまで接近したという。ヘリコプターの巻き起こす風が松本と稲葉に強く吹きつけるのだが、2人は格好いいパフォーマンスを最後まで繰り広げる。

 B’zが出演するペプシネックスの新CM「エフェクト」編は3月1日から、同5日からは「荒野」編が全国放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2011年2月22日のニュース