期待の横山由依を大抜てき!AKB新ユニット「Not yet」誕生 

[ 2011年1月21日 21:00 ]

新ユニット「Not yet」の4人(前列左から)指原莉乃、大島優子、横山由依、(後列)北原里英 

 人気アイドルグループ、AKB48から新たな派生ユニットが誕生する。21日に東京・SHIBUYA-AXで行われた公演「リクエストアワー セットリストベスト100」2日目で4人組ユニット「Not yet」(ノットイエット)の誕生が発表された。

 メンバーは「第2回選抜総選挙」で1位を獲得した大島優子(22)、同16位の北原里英(19)、同19位の指原莉乃(18)、昨年10月に研究生から正規メンバーに昇格したばかりの横山由依(18)で構成。多忙を極めた昨年末に密かにレコーディングを終らせており、3月16日にシングル「週末Not yet」(日本コロムビア)でCDデビューする。

 この日は会場を埋めたファン1000人の前でデビュー曲をお披露目。「楽しい週末を思い浮かべて大変な平日でも頑張って乗り切っていこう」という前向きな歌詞に乗せたダンサブルなナンバーを熱唱した。

 総合プロデューサーの秋元康氏(54)は4人組にした経緯について「3人ユニットは、すでにノースリーブス、フレンチキスがデビューしたので、急きょAKB48期待のエース、横山由依を加入させることにしました」と説明。「歌もダンスもまだまだだけど、その分、成長できるんだと解釈して、一生懸命に頑張る実物大の4人をコンセプトに、“Not yet”と名付けました」とコメントした。

 大島は「本当にまだまだこれからな未熟者の私たちですが、未熟者の私たちなりに皆さんを元気づけられる曲をお届けできたらなと思いますので、温かく見守ってください」と抱負を口にした。

 昇格から3カ月での大抜てきとなった横山は「皆さんにカラオケで踊っていただけるような、そういう素敵な曲をお届けして、元気になっていただくことができたらなと思っています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年1月21日のニュース