漫才の「辻まがる」畑仕事中にやけど

[ 2010年9月19日 19:00 ]

 19日午前10時40分ごろ、大阪府岸和田市阿間河滝町の山林で、近くに住む農業辻勝仁さん(63)がミカン畑の枯れ草を焼いていたところ、燃え広がり、約1千平方メートルを焼失、ミカンの木や苗木計約300本が焼けた。

 岸和田署によると、火を消そうとした辻さんが足などに軽いやけどをした。捜査関係者によると、辻さんは夫婦漫才「辻イト子・辻まがる」として活動している。この日は知人から借りた畑で作業していたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2010年9月19日のニュース