聖地飛び出したAKB48が横浜アリーナ席巻

[ 2010年3月25日 06:00 ]

笑顔でポーズをとるAKB48の(前列左から)松井珠理奈、大島優子、前田敦子、渡辺麻友、高橋みなみ(後列同)高城亜樹、北原里英、小嶋陽菜、河西智美、板野友美、柏木由紀、宮澤佐江

 AKB48が24日、横浜アリーナ(横浜市港北区)でコンサート「満席祭り希望 賛否両論」を開催した。

 開演前のリハーサルを報道陣に公開し、2枚目のベストアルバム「神曲たち」(4月7日発売)に収録されるアップテンポな新曲「君と虹と太陽と」を披露。横浜アリーナはAKB48にとって過去最大のホールで、高橋みなみ(18)は「少しずつですが、前に進めているんだなと感じています」とやや緊張した面持ち。大島優子(21)は「大人数と華やかさを武器に最高のパフォーマンスをしたい」と笑顔で話した。
 この日は1万2000人を動員。姉妹グループのSKE48、SDN48のメンバーを合わせ計85人が出演し、最新シングル「桜の栞」など全33曲を熱唱した。25日も同所で昼夜2公演を行う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2010年3月25日のニュース