健在!「ザ・フー」初の単独日本公演開始

[ 2008年11月15日 06:00 ]

 英国の大物ロックバンド「ザ・フー」の来日公演が14日夜、横浜アリーナで開催された。

 04年7月に横浜、大阪で開催された「ロック・オデッセイ」に参加して以来2度目の来日で、単独での日本ツアーは64年のデビュー以来初めて。ボーカルのロジャー・ダルトリー(64)とギタリストのピート・タウンゼント(63)が登場すると、観客約1万人から地鳴りのような歓声がわき起こった。

 ロジャーは「ハ~イ、ニューヨーク!」とあいさつし「わざとだぜ」と続けてニヤリ。マイクコードを何度も振り回しながら熱唱した。ピートも腕をプロペラのように回す「風車奏法」は健在。「日本の街並みはきれいだ。もっと早く来ればよかったぜ」と話した。16日にはさいたまスーパーアリーナ、17、19日には日本武道館で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2008年11月15日のニュース