ウガンダ・トラ氏死去、弟にみとられて…

[ 2008年6月2日 06:00 ]

死去したタレントのウガンダ・トラさん

 タレントのウガンダ・トラさん(本名佐藤信一郎=さとう・しんいちろう)が5月31日午前5時30分、都内の病院で死去した。55歳。糖尿病と肝臓の持病に悩まされており、同10日、ロケのために外出しようとしたところ、ベッドから出られずに入院。その後、容体が悪化し、弟昭二さんにみとられながら亡くなった。病院で死因を調べている。通夜は3日午後6時、告別式は4日午前10時から、いずれも東京都港区南青山1の26の1、教運寺=(電)03(3402)2798=で。喪主は弟昭二(しょうじ)さん。

 グッチ裕三(56)、モト冬樹(57)らとコミックバンド「ビジーフォー」で活躍。色黒で、ぎょろっとした目がウガンダの故イディ・アミン大統領似で、ウガンダ・トラの芸名になった。
 今年2月、映画「ロックンロール★ダイエット!」(9月公開)の撮影で華麗なドラムさばきを披露。主演の嶋大輔(44)は「体調を崩されているようでしたが、“主治医に任せているから大丈夫”と言っていた。突然のことで驚いております」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2008年6月2日のニュース