カートピックス

空飛ぶ車、20年代実現目標 年内に工程表、開発急ぐ 官民協議会が初会合

[ 2018年8月29日 20:04 ]

初めて開催された「空飛ぶ車」の実用化に向けた官民協議会=29日午後、東京都港区(共同)
Photo By 共同

 政府は29日、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の実用化を目指す官民協議会の初会合を東京都内で開いた。2020年代の実現を目指し、年内に工程表をまとめて開発を急ぐ。電動で垂直に離着陸し、自動運転の飛行を想定。海外との開発競争を勝ち抜くため、法制度の整備や研究開発支援の在り方を議論する。

 空飛ぶ車は道路や橋など既存のインフラに頼らずに移動でき、都市の渋滞緩和のほか、離島や中山間地域の移動手段、災害支援などに役立つと期待されている。経済産業省幹部は「海外でも多くの企業が開発に進出している。日本でも実現を推進する」と強調した。

 会合には航空行政の専門家のほかANAホールディングス、日本航空、SUBARU(スバル)などの国内企業関係者が参加。米配車大手ウーバー・テクノロジーズなど海外企業も加わった。

 会場には空飛ぶ車のイメージ模型が展示され、NECやベンチャー企業が研究実績や構想を発表。トヨタ自動車などから支援を受ける技術者団体「カーティベーター」の福沢知浩共同代表は「50年までに誰もが自由に空を飛べるようにしたい」と意気込みを語った。

 空飛ぶ車の実用化には、安全性の確保が大きな課題の一つだ。専門家は「ハードルは非常に高い」と指摘。出席者からは「ドクターヘリのような緊急用途の優先度は高い」との意見も出た。政府は安全性の確保を重視しており、無人で物を運ぶ物流用途や緊急時の救急搬送などを先行させる可能性がある。

 ベンチャー企業やファンド関係者からは「民間で収益を上げるのには何年もかかる」「スピードが大事だ」と、政府に早期の支援策づくりや法制度の整備を求める声が上がった。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る