カートピックス

新型クラウン受注3万台 トヨタ、月間目標の7倍

[ 2018年7月26日 20:55 ]

 トヨタ自動車は26日、全面改良した高級セダン「クラウン」の受注が、6月26日の発売から1カ月で約3万台に達したと発表した。月間販売目標(4500台)の7倍近くで、好調な立ち上がりとしている。洗練されたデザインや上質な乗り心地が好評という。

 顧客は60代以上が約60%で、40〜50代も約35%いたという。クラウンは顧客の高齢化が進み、若返りが課題となっている。ハイブリッド車(HV)が受注の約95%を占めた。

 同時に発売した小型車「カローラスポーツ」の受注は月間目標(2300台)の4倍に当たる約9200台だった。トヨタは通信機能や乗り心地、走行性能が評価されたとみている。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る