カートピックス

ホンダなど4社が増加 5月の米新車販売

[ 2018年6月5日 16:34 ]

 トヨタ自動車など日本の自動車メーカー6社は1日、5月の米新車販売台数を発表した。スポーツタイプ多目的車(SUV)の販売が好調だったホンダやマツダなど4社が前年実績を上回った。

 メーカー別では、トヨタ自動車が前年同月比1・3%減の21万5321台だった。SUV「ハイランダー」の販売が好調だった一方、主力セダン「カムリ」は苦戦した。

 日産自動車は4・1%減の13万1832台と4カ月連続で減少。セダンを含む乗用車が足を引っ張った。

 ホンダは主力SUV「CR―V」などが増え、3・1%増の15万3069台だった。SUBARU(スバル)はSUV「クロストレック(日本名SUBARU XV)」が伸び、7・2%増の6万146台と5月としては過去最高だった。

 SUV「CX―5」が好調だったマツダは15・1%増の2万9980台、三菱自動車は31・7%増の1万2416台といずれも大きく伸びた。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る