サブカテゴリー

自動車大手は5社増益 18年3月期、円安追い風

 自動車大手7社の2018年3月期連結決算が14日出そろった。海外での販売好調や円安を追い風に、5社が増益で三菱自動車が黒字に転換した。SUBARU(スバル)は減益だった。売上高は全社が増収だった。一方で、19年3月期の連結業績予想は円高をにらみ、三菱自を除く6社が減益を見込む。

 14日に発表した日産自動車の純利益は、前期比12・6%増の7468億円と過去最高だった。新車の無資格検査問題の関連費用が響いたが、トランプ米政権の法人税減税の恩恵が大きかった。

 トヨタ自動車は36・2%増の2兆4939億円と過去最高で、日本企業としても過去最大だった。ホンダは71・8%増の1兆593億円と初めて1兆円を超え、スズキも過去最高だった。

 マツダも20%弱の増益で、燃費不正問題による低迷から回復した三菱自は黒字転換を果たした。

 スバルは無資格検査問題の関連費用などを計上し、22・0%減と苦戦した。

[ 2018年5月15日 18:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      クイックアクセス

      CARトピックス

      F1

      東京モーターショー

      【楽天】オススメアイテム