サブカテゴリー

カートピックス

事故多発地点などデータ生かしたカーナビ開発 神奈川県警がトヨタに提供

トヨタ自動車が開発を進めるスマートフォン向けカーナビアプリ。交通事故情報が表示される
Photo By 共同

 トヨタ自動車が、神奈川県警が提供した詳細な交通事故のデータを基に、事故多発地点でドライバーに具体的な注意点をアドバイスしながら道案内するスマートフォン向けカーナビアプリの開発を進めている。16日、トヨタと県警が記者会見して明らかにした。来年中の公開を目指している。

 県警によると、警察の詳細な事故データを生かしたカーナビ開発は全国初の試みという。

 データは昨年5月に提供した。2012〜16年に県内で発生した人身事故約15万件の発生日時や天候、事故の状況や当事者の進行方向などで、個人の特定につながるものは除外している。

 これまでのカーナビでは「この先、事故多発地点があります」と案内するだけだったが、開発中のアプリでは「歩行者注意」「追突注意」など10パターンのアイコンを表示したり、音声で具体的なアドバイスをしたりする。

 右折事故が多い場所では、左折しようとするドライバーにはアドバイスしないなど進行方向に合わせた案内が可能になるほか、時間帯や天候に合った事故情報だけを表示することもできる。

 トヨタの担当者は「他の都道府県でも情報の提供を求め、サービスを広げていきたい」としている。

[ 2018年5月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      クイックアクセス

      CARトピックス

      F1

      東京モーターショー

      【楽天】オススメアイテム