フェルスタッペンが3戦ぶり今季7勝目 PPルクレールはリタイア 角田も接触で無念リタイア

[ 2022年7月24日 23:44 ]

F1第12戦フランスGP決勝 ( 2022年7月24日    ルカステレ ポール・リカール・サーキット=1周5・842キロ×53周 )

<F1フランスGP>今季7勝目を飾ったフェルスタッペン(レッドブル)
Photo By AP

 今季総合首位に立つレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が2番手スタートから3戦ぶり今季7勝目、通算27勝目を挙げた。ポールポジション(PP)から出たフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)はリタイアで2連勝を逃し、フェルスタッペンとのポイント差が広がった。ルイス・ハミルトン(英国)が今季自己最高の2位、ジョージ・ラッセル(同)が3位に入り、メルセデス勢が今季初のダブル表彰台を決めた。レッドブルのセルヒオ・ペレス(メキシコ)は4位だった。

 スタートからトップを快走していたルクレールは18周目のターン11でマシンのコントロールを失い、タイヤバリアにクラッシュしてリタイア。ルクレールとの差を縮められず、16周目にハードタイヤへ交換していたフェルスタッペンが難なくトップに立って逃げ切った。

 今季自己最高タイの8番手からスタートしたアルファタウリの角田裕毅は今季2度目のリタイアとなった。1周目のターン8でアルピーヌのエステバン・オコン(フランス)と接触してスピン。オコンには5秒のペナルティーが科されたが、角田は最後方でのレースを強いられ、マシン破損のため19周でレース続行を断念した。同僚のピエール・ガスリー(フランス)は地元GPで12位だった。

 ▽決勝順位

 (1)フェルスタッペン(レッドブル)

 (2)ハミルトン(メルセデス)

 (3)ラッセル(メルセデス)

 (4)ペレス(レッドブル)

 (5)サインツ(フェラーリ)

 (6)アロンソ(アルピーヌ)

 (7)ノリス(マクラーレン)

 (8)オコン(アルピーヌ)

 (9)リカルド(マクラーレン)

 (10)ストロール(アストンマーチン)

 (11)フェテル(アストンマーチン)

 (12)ガスリー(アルファタウリ)

 (13)アルボン(ウィリアムズ)

 (14)ボッタス(アルファロメオ)

 (15)シューマッハー(ハース)

 リタイア 周冠宇(アルファロメオ)

 リタイア ラティフィ(ウィリアムズ)

 リタイア マグヌセン(ハース)

 リタイア 角田裕毅(アルファタウリ)

 リタイア ルクレール(フェラーリ)

続きを表示

この記事のフォト

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2022年7月24日のニュース