角田が今季自己最高9番手 ルクレールがPP、フェラーリがフロントロー独占

[ 2022年5月8日 06:18 ]

F1第5戦マイアミGP予選 ( 2022年5月7日    米フロリダ州マイアミ マイアミ・インターナショナル・オートドローム=1周5・412キロ )

F1第5戦マイアミGP予選で通算12回目のポールポジションを獲得したフェラーリのルクレール(AP)
Photo By AP

 ドライバーズランキング首位に立つフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)が1分28秒796で今季3回目、通算12回目のポールポジション(PP)を獲得した。同僚のカルロス・サインツ(スペイン)が0・190秒差の2番手で、フェラーリ勢が決勝のフロントローを独占。レッドブル勢は昨季総合王者のマックス・フェルスタッペン(オランダ)が0・195秒差の3番手、セルジオ・ペレス(メキシコ)が4番手と、2列目にとどまった。

 アルファタウリの角田裕毅は今季自己最高の9番手だった。予選1回目(Q1)は8番手、2回目(Q2)は9番手で突破し、今季初の3回目(Q3)へ進出。オーバーテークが難しいといわれる新設のストリートコースで、まずまずの位置から決勝をスタートすることになった。同僚のピエール・ガスリー(フランス)が今季自己最高の7番手につけた。

 ▽予選順位

 (1)ルクレール(フェラーリ)

 (2)サインツ(フェラーリ)

 (3)フェルスタッペン(レッドブル)

 (4)ペレス(レッドブル)

 (5)ボッタス(アルファロメオ)

 (6)ハミルトン(メルセデス)

 (7)ガスリー(アルファタウリ)

 (8)ノリス(マクラーレン)

 (9)角田裕毅(アルファタウリ)

 (10)ストロール(アストンマーチン)

<以下Q2敗退>

 (11)アロンソ(アルピーヌ)

 (12)ラッセル(メルセデス)

 (13)フェテル(アストンマーチン)

 (14)リカルド(マクラーレン)

 (15)シューマッハー(ハース)

<以下Q1敗退>

 (16)マグヌセン(ハース)

 (17)周冠宇(アルファロメオ)

 (18)アルボン(ウィリアムズ)

 (19)ラティフィ(ウィリアムズ)

 (20)オコン(アルピーヌ)

続きを表示

この記事のフォト

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2022年5月8日のニュース