昨季王者フェルスタッペンが逆転で今季初勝利!フェラーリ勢2、3位 角田はスタートできず

[ 2022年3月28日 03:39 ]

F1第2戦サウジアラビアGP決勝 ( 2022年3月27日    ジッダ市街地コース=1周6・174キロ×50周 )

<F1・サウジアラビアGP>今季初勝利をあげたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
Photo By AP

 レッドブルの昨季総合王者マックス・フェルスタッペン(オランダ)が4番手スタートからの逆転で今季初勝利、通算21勝目を挙げた。2番手から出たフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)は開幕2連勝を逃して2位。フェラーリのカルロス・サインツ(スペイン)が3位で2戦連続表彰台を確保し、ポールポジション(PP)から出たレッドブルのセルヒオ・ペレス(メキシコ)は4位に終わった。

 スタートからトップを走っていたペレスは16周目にタイヤをミディアムからハードへ交換。翌17周目にルクレールとフェルスタッペンがピットインしてハードタイヤに替え、タイヤが温まらずペースが上がっていなかったペレスよりも前でコース復帰した。開幕戦バーレーンGPで激しいオーバーテーク合戦を繰り広げたルクレールとフェルスタッペンは、バーチャルセーフティーカーが解除された41周目から再び激しいバトルを展開。42周目にはフェルスタッペンが抜き、ルクレールが抜き返したが、47周目にフェルスタッペンがタイミングを見計らってオーバーテークに成功。そのまま逃げ切った。

 予選を走れず最後尾からスタート予定だったアルファタウリの角田裕毅は、レコノサンスラップ(スターティンググリッドに着く前の周回)中にマシンがストップ。スタートを断念した。同僚のピエール・ガスリー(フランス)は8位入賞。予選でまさかの1回目敗退を喫し、15番手から出たメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)は10位だった。

 ▽決勝順位

 (1)フェルスタッペン(レッドブル)

 (2)ルクレール(フェラーリ)

 (3)サインツ(フェラーリ)

 (4)ペレス(レッドブル)

 (5)ラッセル(メルセデス)

 (6)オコン(アルピーヌ)

 (7)ノリス(マクラーレン)

 (8)ガスリー(アルファタウリ)

 (9)マグヌッセン(ハース)

 (10)ハミルトン(メルセデス)

 (11)周冠宇(アルファロメオ)

 (12)ヒュルケンベルク(アストンマーチン)

 (13)ストロール(アストンマーチン)

 リタイア アルボン(ウィリアムズ)

 リタイア ボッタス(アルファロメオ)

 リタイア アロンソ(アルピーヌ)

 リタイア リカルド(マクラーレン)

 リタイア ラティフィ(ウィリアムズ)

 DNS 角田裕毅(アルファタウリ)

続きを表示

この記事のフォト

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2022年3月27日のニュース