F1イタリアGP リカルドが今季初勝利、角田はトラブルでスタートできず

[ 2021年9月13日 05:30 ]

F1イタリアGPで優勝し、表彰台でトロフィーを掲げるリカルド。右は2位のノリス(ロイター)

 自動車のF1シリーズ第14戦イタリアGP決勝が12日、モンツァで行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はマシントラブルのためにスタートできなかった。他のホンダ勢はレッドブルのセルヒオ・ペレス(メキシコ)が5位、マックス・フェルスタッペン(オランダ)、アルファタウリのピエール・ガスリー(フランス)は途中リタイアだった。

 マクラーレン・メルセデスのダニエル・リカルド(オーストラリア)が今季初勝利、通算8勝目。ランド・ノリス(英国)が2位で、マクラーレンは9年ぶり優勝、11年ぶりワンツーフィニッシュとなった。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年9月13日のニュース