スーパーGT2021シリーズ開幕戦 Supra勢が表彰台を独占

[ 2021年4月12日 05:30 ]

 自動車のスーパーGT2021シリーズ開幕戦は11日、岡山県の岡山国際サーキット(1周3703メートル×82周)で決勝レースが行われ、GT500クラスはTEAM ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)が優勝。2位はTEAM au TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)、3位にTEAM KeePer TOM’S GR Supra(平川亮/阪口晴南)が入り、Supra勢が表彰台を独占した。

 GT300クラスは昨年頂点に輝いたKONDO RACING リアライズ 日産自動車大学校 GT―R(藤波清斗/J・P・デ・オリベイラ)が大激戦を制した。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年4月12日のニュース