WAKO’S 4CR LC500が2連勝 スーパーGT第5戦

[ 2019年8月5日 05:30 ]

GT500クラスを優勝したWAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/山下健太)
Photo By 提供写真

 自動車のスーパーGT第5戦「FUJI GT 500mile RACE」は4日、富士スピードウェイで決勝レースが行われた。スタート時の路面温度が46度というしゃく熱の中、レース後半にはクラッシュや接触が多発するなど、最後まで目が離せない展開。GT500クラスは、WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/山下健太)が優勝。前戦のタイに続いての連勝となった。大嶋は「優勝なんて考えていなかった。予想外すぎてびっくりしています」と驚きの表情を見せ、山下は「最後の走行はクルマを安全にゴールに運ぶことだけを考えていました」と振り返った。

 GT300クラスは、T―DASH ランボルギーニ GT3(高橋翼/A・クート/藤波清斗)が優勝した。ドライバーの高橋と藤波は「スーパーGT」初優勝となった。

続きを表示

2019年8月5日のニュース