ホンダ、WTCC参戦ドライバー発表!来季から2台体制に

[ 2012年7月19日 06:00 ]

WTCCに参戦するホンダのドライバーを務めるガブリエーレ・タルクィーニ(左)とティアゴ・モンテイロ

 ホンダは18日、世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦するドライバーを発表。今年の日本ラウンド(鈴鹿サーキット、10月21日決勝)からティアゴ・モンテイロ(35)を起用し、来年からは09年覇者のガブリエーレ・タルクィーニ(50)を加えて2台体制で挑む。

 現在、参戦に向けて、栃木県芳賀町の本田技術研究所でレース専用となる直列4気筒1.6L直噴ガソリンターボエンジン「HR-412」の開発を推進する一方、イタリア・ミラノ市郊外にあるJ.A.S MOTORSPORTのファクトリーで欧州専用「シビック」をベースとしたWTCC用レース車両を開発中という。

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2012年7月19日のニュース