アンチエイジングや健康には水が重要

アンチエイジングや健康には水が重要

現代には、さまざまな健康法や、体に良い食べ物の情報が溢れています。その中でも、最近とくに注目されるようになった、お水。スーパーやコンビニでは、たくさんの種類のミネラルウォーターが並び、それぞれの特色や成分をうたっています。ウォーターサーバの市場も年々拡大しているようです。

水分としてではなく、水そのものが今、見直されてきています。

さて、このようにどこにでもある水ですが、その健康効果とはどのようなものでしょうか。ここではとくに、アンチエイジングに関しての水の効果をご紹介していきます。

体の内も外も元気にしたい!アンチエイジングのための水

体の内も外も元気にしたい!アンチエイジングのための水

水は健康に良い、というイメージはだいぶ定着しているようですが、美容効果の高さにも注目する人が増えてきています。これは美容に関心のある女性だけではなく、男性の間でも認知されてきているようです。

いつまでも若々しくありたい、と願うのは、男性も女性も変わりません。アンチエイジングとは、なにも肌年齢のことだけではないのです。人の体の外側も内側も、つまりはお肌や内臓も、すべては細胞でできています。その体の60兆個ともいわれる細胞を若々しく保ち、体内の機能が正常に働くのを助けてくれるのが、水です。

潤い不足や関節痛にも、水は効果あり

潤い不足や関節痛にも、水は効果あり

人間の体に占める水分の割合は、成人で約60%と言われています。水分は生まれたての赤ちゃんだと約80%もあったものが、歳を取るにつれ減少していき高齢になると50%を下回るようになってしまいます。この数字を見ると、老化には体の水分量が大きく関係していることが良く分かります。

加齢によって、体の水分が減っていく要因として挙げられるのが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの、保水力のある物質の減少です。コラーゲンやヒアルロン酸は表皮の下や関節などに多くあり、肌の潤いを保ち体の動きをスムーズにしてくれます。

逆にいえば、コラーゲンやヒアルロン酸が少なくなると、潤いは失われ関節が痛んだり体のあちこちが動かしにくくなったりしてきます。

しかし、足りなくなったからといって、安易に補えるものではありません。今は、医療機関での注射や、サプリメント、化粧品に至るまで、さまざまな補給の試みがなされています。ですが、それらの効果を最大限にするには、やはり水分が大切です。

コラーゲンやヒアルロン酸は、いわば水を蓄えるスポンジのようなもの。蓄える水が不足してしまってはせっかくのスポンジも意味がなくなってしまいます。両方が十分であってこそ、瑞々しくいられるのです。

体内の水分循環をスムーズにして、代謝アップ

体内の水分循環をスムーズにして、代謝アップ

もうひとつ、水の大切な役割があります。体内の水分と言えば、血液やリンパ液などです。これらは体中に酸素や栄養素を運ぶ大切なもの。ドロドロだったり詰まってしまったりしていては、細胞と血管の間で行われる栄養分と老廃物の交換もうまくいかなくなってしまいます。

十分な水分は、血液やリンパ液の流れをスムーズにしてくれます。そうなれば体にとって不必要な老廃物を汗や尿で排出するデトックス効果も期待できますし、また、体の代謝を高めることにも繋がります。

一口に代謝といっても、体内における働きはいくつかあります。摂取した食べ物の消化吸収や、脂肪を燃焼させることでのエネルギーの発生、細胞を生まれ変わらせる新陳代謝などがそれです。代謝とは、いわば体内でおこる化学反応です。その化学反応の多くは水に頼って行われています。

ここで一つ例を挙げてみましょう。どうして水を飲むと、代謝が上がるのか。それは、体の持つ体温調節の機能と深く関わっています。まず、水を飲むと体温が下がります。体はその下がった分の体温をあげようと頑張ります。そのエネルギーとなるのが、脂肪です。水を飲むと代謝が上がるということは、このような仕組みによって生じています。

水はこまめに摂る方がいい

水はこまめに摂る方がいい

一日に必要な水は、成人の場合、コップ8杯と言われています。コップ1杯が約200ミリリットルだとすれば、約1.6リットルです。味のない水を、これくらいの量を摂るとなると、難しいと感じる人もいるでしょう。しかし、回数に分けてこまめに飲めれば、簡単にクリアできてしまう量でもあります。

たとえば、朝起きて1杯、食事の度に1杯ずつ、午前中、午後、入浴後、そして就寝前に1杯ずつ……。こうしてこまめに摂ることで、習慣化しやすく、脱水症状にも陥ることはなくなります。飲む時々によって、ミネラルウォーターの種類や温度を変えるのも効果的です。とくに、起床時と就寝前の1杯は、ぬるめの白湯が良いとされています。

おわりに

血色のよいお肌や、弛みのない若々しい体は、内側から元気でいることが必須条件です。いくら高価な化粧品やサプリメントに頼っていても、高栄養なものをどんなに食べても、水がなければ必要なところまで届くことすらできません。水分摂取の大切さは、上記に述べた通りです。

代謝をあげ体内の水循環を良くすることで、体は今よりも若々しくなるでしょう。アンチエイジングに取り組む以上、上手な水分補給を心がけたいものです。

ウォーターサーバーNAVI編集部
ウォーターサーバーNAVI編集部

ウォーターサーバーNAVIはウォーターサーバーを比較検討中の方をサポートする情報サイトです。おすすめのウォーターサーバーの口コミ、評判をはじめ人気ランキングや比較表も掲載しています。ウォーターサーバー選びに迷ったらぜひ当サイトをお役立てください。

おすすめ記事

1
ウォーターサーバーを導入したいけど、「うちには置き場所がない…」なんて困っていませんか? 最近はスリムなものも増えていますが、それなりのスペースは必要とするので適当に決めて失敗した、というケースも。 ...
2
ウォーターサーバーのお水を選ぶとき、 「お水の安さを重視したい」 「飲みやすいお水がいい」 という方は少なくないのではないでしょうか。そんな方にはRO水がおすすめです。 RO水は一般的に天然水よりも価 ...
3
「ウォーターサーバーは気になるけど一人暮らしだから…」と躊躇していませんか? 家庭で使う場合とはお水の量や設置するスペースなども違ってくるため、失敗しやすいというイメージがありますよね。ですが気を付け ...
4
2011年3月11日の東日本大震災でライフラインが寸断された際、ウォーターサーバーを使っていた世帯では「あって良かった」という声が多数あったそうです。 これは普段使っているウォーターサーバーのお水が備 ...
5
大切な家族の一員であるペット。そのペットの健康のために、ペットフードなど口にするものには気を使いますよね。 お水もそのひとつ。市販のペット専用のお水を買っているという方も少なくないのではないでしょうか ...
6
ウォーターサーバーといえば家庭で使うイメージがあり、興味を持つのは女性が多いと思われがちです。しかし実は最近では一人暮らしの男性ユーザーも増えてきているんです。 男性がウォーターサーバーを使うシーンと ...
7
みなさんはウォーターサーバーと聞いてどんな姿を思いうかべますか? 簡素すぎる やぼったい(ダサい) といったイメージが強いのではないでしょうか? これではせっかく興味を持っても 「部屋の雰囲気にマッチ ...
8
ウォーターサーバーを使うとき、ひと月にかかる料金は気になるところですよね。 家族で使っている場合はお水の消費量も多く、家計をやりくりするお母さんは「なるべく安くおさえたい・・・」と思う方も多いはず。最 ...
9
ウォーターサーバーはお店や病院で使ったことがあるくらい、という方も多いのではないでしょうか? 家庭で使ったことがないと、使い勝手は詳しくはわかりませんよね。 「興味はあるけど、いきなり契約は気が引ける ...
10
最近、高齢の方にもウォーターサーバーの利用者が増えているってご存知ですか? 薬を飲むときやお茶を入れるときなど、実は「高齢の方にもウォーターサーバーを使うと便利なシーンが多いんです」 また高齢になると ...

Copyright© ウォーターサーバーNAVI@スポニチ , 2020 All Rights Reserved.