赤ちゃんに水道水をあげてもいい?いつ頃からOK?

赤ちゃんに水道水をあげてもいい?いつ頃からOK?

昨今、健康に関して気を使っている方も多いのではないでしょうか。また育児中の方の中には、赤ちゃんに水道水をあげてもいいのか悩んでいるかと思います。

日本の水道水は、浄水場で丁寧にろ過・消毒されていますし、厳しい検査を通したものです。しかし赤ちゃんは水道水を直接飲まない方がいいと考えられています。

「じゃあ、赤ちゃんが飲むミルクはどうすればいいの?」と思うところですよね。

そこで今回は、赤ちゃんに水道水をどうあげればいいのか悩んでいる方へ向けて、いつから水道水を飲めるのか、赤ちゃんに水を使う場面やウォーターサーバーのメリットについて紹介していきます。

赤ちゃんはいつから水道水を飲めるようになる?

赤ちゃんはいつから水道水を飲めるようになる?

まずは、赤ちゃんはいつから水道水を飲めるようになるのか、そしてなぜ飲んではいけない時期があるのか解説します。

離乳食が始まる時に水道水を飲める

赤ちゃんが水道水を飲めるようになるのは、離乳食をはじめる時期とされています。具体的には、生後6ヶ月~1年程度です。

水道水を飲めるようになる時期については、各医師によって異なる見解があります。そのため明確な時期が示されていません。

また赤ちゃんはミルクや母乳で栄養と水分補給をしているので、焦って水道水を飲ませる必要はありません。

水道水を飲ませる際は湯冷ましが必要

水道水を飲めるようになったとしても、そのまま飲ませるのは赤ちゃんにとって負担がかかります。

日本の水道水は、世界と比較しても厳しい基準で浄水されているので、安全性の高さも魅力です。しかし消毒に必要なカルキなどが含まれているため、赤ちゃんにとっては負担となります。

そこで水道水を煮沸する「湯冷まし」が大切です。湯冷ましは10分程度水道水を煮沸し、不純物を取り除く作業です。

ただし湯冷ましした水を長時間放置すると、雑菌が繁殖するため早めに飲む必要があります。

水道水はカルキなどが含まれるため負担もある

前段でも触れましたが、水道水には消毒のためにカルキなど複数の成分を使用しています。

日本の水道水は厳しい検査体制があるので、世界と比較して安全性に関して信頼の高い水質です。しかし赤ちゃんにとって消毒成分は胃腸に負担のかかるケースもあるため、直接飲まない方がいいと考えられています。

そのため水道水について考える時は、成人を基準に判断するのではなく赤ちゃんの体質や状況を前提に判断するのが大切です。

赤ちゃんが1日に摂取すべき水分量

赤ちゃんが1日に摂取すべき水分量は、体重を基準に考えます。たとえば体重1kgあたり150mlが平均とされています。

ちなみに上記の水分量は、水道水ではなくミルクや離乳食に含まれる水の合計です。また、水分の取りすぎも負担となるので、お腹を下さない範囲で適宜ミルクや母乳を与えられるよう、日々体調管理や赤ちゃん向き合うことも必要となります。

赤ちゃんに水道水をあげる際の注意点

赤ちゃんに水道水を飲ませる際は、少しずつあげるのがポイントです。なぜなら赤ちゃんの栄養源はあくまでミルクや母乳などだからです。

水を飲ませすぎると本来必要な栄養を摂取できないので、まずスプーン1杯の水を少しずつあげます。そして離乳食への切り替え、成長に合わせて水やお茶の量も増やします。

ただし水をあげる量については厳密に決められていませんし、最初はミルクや母乳の補助的な役割として考えておきましょう。

ミネラルウォーターは硬度に注意

水道水は煮沸などの手間がかかるため、ミネラルウォーターを購入しようか検討している方もいるのではないでしょうか。

ミネラルウォーターの場合、基本的に煮沸の必要がないため家事・育児で忙しいご家庭にとってメリットもあります。しかしメーカーによって硬度が異なり、硬水は赤ちゃんによくありません。

とくに硬度100を超える水は、赤ちゃんにあげないようにしましょう。硬度はミネラルウォーターの成分表記に記載されているので、購入前に確認できます。

ちなみに水の硬度はミネラル成分の量を示す数値で、硬度が高ければ高い程ミネラルもより多く含まれています。ミネラル成分は赤ちゃんに負担をかけてしまう側面もあるため、硬度の低い軟水をあげます。

赤ちゃんに水を使う場面とあげ方

赤ちゃんに水を使う場面とあげ方

続いては、赤ちゃんに水を使う場面と、それぞれのあげ方・作り方についてわかりやすく紹介します。

赤ちゃんに水を使う場面

赤ちゃんに水を使う場面は、粉ミルクや湯冷ましした水を上げる時、他には粉薬を飲むケースや離乳食など複数あります。

水を使う時は、基本的にどの場面でも煮沸が必要です。しかし煮沸だけでは心配に感じる方、煮沸の手間に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

カルキや不純物をより効率的に取り除く方法としては、浄水器の購入・使用もオススメです。浄水器の内部にはフィルターが設置されていて、菌や不純物を取り除けます。

水道設備に直接取り付けられているタイプや、蛇口に後付けできるタイプなどがあります。

  • 蛇口取り付け
  • 水栓一体
  • 据え置き型(水道とは別の場所に設置し、ホースで接続)
  • ポット型(ろ過装置の付いたポット)

浄水器はメーカー・仕様によって、ろ過できる成分が変わるのでパッケージをよく確認しておきましょう。

他にも浄水器のフィルターは定期的に交換する必要があるので、交換時期も忘れないよう日々管理します。

浄水器は便利な装置ですが、フィルター交換や適切な浄水器選びなど、いくつか注意点もあるので理解した上で導入を考えるべきです。

粉ミルクのあげ方

赤ちゃんに水を使う主な場面といえば、粉ミルクをあげるケースです。当たり前ですが、粉ミルクを飲むためには水と混ぜます。しかし水道水を使用する場合は、直接粉ミルクに混ぜてはいけません。

まずは水道水を10分以上煮沸し、残留塩素などを取り除きます。そして十分に煮沸したお湯(70度以上)を、消毒済みの哺乳瓶へ3分の2程度注ぎます。

お湯で粉ミルクを溶かしたのち、残りのお湯を注ぎ人肌の温度になるまで冷ましましょう。

注意点としては、お湯を冷ます際に水道水を注がないことです。あくまで自然に温度が下がるまで待ちます。

湯冷ましの作り方

湯冷ましした水は、一般的に生後6か月程度・離乳食へ変わる時期に使用します。

湯冷ましは、水道水を10分程度煮沸し、人肌まで冷ます比較的簡単な方法です。粉ミルクを作る手順と共通しています。

ただ湯冷ましした水は、消毒に必要な成分を取り除いてしまっているため、長時間使用しない・残った場合は廃棄しましょう。(目安煮沸から2時間程度)

粉薬のあげ方

赤ちゃんが風邪をひいてしまった場合は、粉薬を飲ませなければいけないケースも発生します。そのような時は、水や粉ミルクを使用して丁寧に飲ませることが大切です。

まず粉薬に少量の水を混ぜ、ペーストに近い状態にしておきます。次に粉薬を赤ちゃんに含ませ、ミルクなどで飲んでもらうようにします。

水質が気になる、煮沸が面倒な方はウォーターサーバーがオススメ

水質が気になる、煮沸が面倒な方はウォーターサーバーがおすすめ

ここまで水道水の煮沸や硬度について解説しましたが、諸々の対策がどうしても面倒・忙しいので難しいと感じる方は、ウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーは、80や90度まで熱したお湯と、0度に近い冷水で保管・使用可能です。

それではウォーターサーバーが、赤ちゃんのいるご家庭にもオススメの理由、メリットを紹介します。

ウォーターサーバーの中で煮沸されている

ウォーターサーバーの中には、お湯を沸かす機能が入っているのでわざわざ煮沸する必要がありません。

コック(蛇口)から出てくるお湯の温度は、約80度~90度と熱湯といえるレベルですので、冷水と混ぜればすぐにミルクを作れます。

さらにウォーターサーバーに設置されているろ過フィルターによって、不純物・においが除去された水・お湯を使用できます。

「水道水を煮沸する手間や時間を省略したい」と考えているご家庭にもオススメです。

ウォーターサーバーの温水を使用する際の注意点

水の煮沸を省略できるのもメリットなウォーターサーバーですが、赤ちゃん・小さなお子さんのいるご家庭はとくに注意すべきポイントもあります。

それはコックの誤操作による、やけどリスクです。

ウォーターサーバーは、温水コックにチャイルドロックが搭載されているので、お子さんが触っても用意に出ないよう対策されています。また電子式のロック機能を搭載したウォーターサーバーや、コックに差し込まれているキーを抜くと温水が出ないタイプなどもあります。

しかし100%やけどしない保証はありませんので、お子さんをウォーターサーバーに近づけないよう、設置場所や管理に注意が必要です。

赤ちゃんがいるご家庭にオススメのウォーターサーバーはこちら >>

まとめ

赤ちゃんに水道水をあげる場合は、少なくとも煮沸消毒や温度調整を行うのが大切です。また湯冷ましした水をあげるのは、一般的に生後6ヶ月~1年程度(離乳食へ切り替わる時期)です。そのため離乳食前は、ミルクや母乳をあげるようにしましょう。

粉ミルクなどで水道水を使用する場合は、煮沸による殺菌が必要です。しかし家事などで忙しい場合は、ウォーターサーバーの使用もオススメです。

ウォーターサーバーには、冷水タンクと温水タンクに分かれていて、温水タンクでは80度~90度まで熱せられます。またフィルターによる不純物除去システムもあるので、煮沸殺菌や浄水器設置などを省略可能です。

まずはウォーターサーバーの維持コストやフィルター、温水タンクなどについて確認してみてください。

ウォーターサーバーNAVI編集部
ウォーターサーバーNAVI編集部

ウォーターサーバーNAVIはウォーターサーバーを比較検討中の方をサポートする情報サイトです。おすすめのウォーターサーバーの口コミ、評判をはじめ人気ランキングや比較表も掲載しています。ウォーターサーバー選びに迷ったらぜひ当サイトをお役立てください。

おすすめ記事

おすすめの卓上型ウォーターサーバー 1
ウォーターサーバーを導入したいけど、「うちには置き場所がない…」なんて困っていませんか? 最近はスリムなものも増えていますが、それなりのスペースは必要とするので適当に決めて失敗した、というケースも。 ...
2
ウォーターサーバーのお水を選ぶとき、 「お水の安さを重視したい」 「飲みやすいお水がいい」 という方は少なくないのではないでしょうか。そんな方にはRO水がおすすめです。 RO水は一般的に天然水よりも価 ...
3
「ウォーターサーバーは気になるけど一人暮らしだから…」と躊躇していませんか? 家庭で使う場合とはお水の量や設置するスペースなども違ってくるため、失敗しやすいというイメージがありますよね。ですが気を付け ...
4
2011年3月11日の東日本大震災でライフラインが寸断された際、ウォーターサーバーを使っていた世帯では「あって良かった」という声が多数あったそうです。 これは普段使っているウォーターサーバーのお水が備 ...
5
大切な家族の一員であるペット。そのペットの健康のために、ペットフードなど口にするものには気を使いますよね。 お水もそのひとつ。市販のペット専用のお水を買っているという方も少なくないのではないでしょうか ...
6
ウォーターサーバーといえば家庭で使うイメージがあり、興味を持つのは女性が多いと思われがちです。しかし実は最近では一人暮らしの男性ユーザーも増えてきているんです。 男性がウォーターサーバーを使うシーンと ...
7
みなさんはウォーターサーバーと聞いてどんな姿を思いうかべますか? 簡素すぎる やぼったい(ダサい) といったイメージが強いのではないでしょうか? これではせっかく興味を持っても 「部屋の雰囲気にマッチ ...
8
ウォーターサーバーを使うとき、ひと月にかかる料金は気になるところですよね。 家族で使っている場合はお水の消費量も多く、家計をやりくりするお母さんは「なるべく安くおさえたい・・・」と思う方も多いはず。最 ...
無料お試しレンタルができるウォーターサーバー 9
ウォーターサーバーはお店や病院で使ったことがあるくらい、という方も多いのではないでしょうか? 家庭で使ったことがないと、使い勝手は詳しくはわかりませんよね。 「興味はあるけど、いきなり契約は気が引ける ...
10
最近、高齢の方にもウォーターサーバーの利用者が増えているってご存知ですか? 薬を飲むときやお茶を入れるときなど、実は「高齢の方にもウォーターサーバーを使うと便利なシーンが多いんです」 また高齢になると ...

Copyright© ウォーターサーバーNAVI@スポニチ , 2020 All Rights Reserved.