いかにして水道水の安全性が作られているか

いかにして水道水の安全性が作られているか

普段意識せずに飲んだり使用したりしている水道水。安全なものだと思っていますが、どれくらい安全性が保証されているものかは分からず、巷では水道水は危険なものだと言う人もいます。水道水は、はたして本当に安全であるといえるのでしょうか。

危険といわれる所以

危険といわれる所以

水道水が一部の人に危険だと言われるのは「塩素」「水道管」に理由があります。

塩素はプールなどで消毒にも使われるので、聞いたことがあるのではないでしょうか。この塩素が問題視されているのは、水道水の成分と反応することで「トリハロメタン」が生まれてしまうためです。この物質は発がん性物質とも言われており、少なくとも人体に良い影響を及ぼすものではありません。

トリハロメタンは短時間煮沸を行った際に増加する傾向にあると言われており、その対策として煮沸後時間を置いて使用する、といった方法もありますが、実際に浸透しているとは言えません。

また過去の話で、水道水を家庭に送るための水道管にも問題があると言われている時代があり、一部の水道管では鉛やアスベストが使われているため、人体に大きな影響があるのではないかと言われていました。

これらの水道管はすでに新しい物への交換作業が進んでいるため、昔ほど言われなくなりましたが、それでも平成20年頃において、アスベストの水道管は約1%程度使用されていた、というデータも残っています。

残留塩素の減少

残留塩素の減少

水道水のなかに入っている塩素は「残留塩素」と呼ばれています。水道水を安全に家庭などに届けるために必要な成分で、この残留塩素が水道水のカルキ臭の原因になっているほか、トリハロメタンを生み出してしまう可能性をもっています。

そこで水道局はカルキ臭とトリハロメタンを減少させるため、残留塩素の量をより少なくしました。

とは言え、残念ながら塩素は必ずと言っていいほど水道水になくてはならないものです。もしこの塩素を水道水から抜き去ってしまうと、今度はさまざまな病原体が人々の生活を脅かすようになり別の問題が多数発生してしまいます。

もしそうなってしまっては、恐らく人間は今の生活を維持することはできないでしょう。私たちが安全な水を利用するためには仕方がない、という側面があるのかもしれません。

水道管管理の徹底

水道管管理の徹底

水道局は水道管に関する問題にも積極的に取り組んでいます。鉛管やアスベスト管の交換や調査を行い、家庭の水道管によく使われている塩ビ管や環境ホルモンについても調査を詳しく行っています。自宅周辺の水道管がアスベスト管や鉛管であるかどうかを知りたいときや、異常や異臭などがあった際はすぐに対応してもらえます。

ただここで抑えておきたいポイントがあります。異常が発生しているのは、公道の下に埋設されているような水道管か、施設内の配管か、という場所の問題です。水道局は埋設された水道管について対応してもらえますが、施設内、例えば住んでいるマンションの場合ですと、そこのオーナーが対応せざるを得ません。

いずれにしても水に異常があった際は水道局に速やかに連絡を取り、問題の箇所に応じた対応を取ることが必要になってきます。

水道水質基準

水道水質基準

水道水には多くの人により安全に届けるために「水道水質基準」が設けられています。水道水質基準は「水道法」及びこれに基づく「水質基準に関する省令」として定められています。

「水質基準に関する省令」は昭和33年に公布されはじめました。平成15年に大きく改正され、その後も平成20年、21年、22年、23年、26年、27年と一部改正されています。日本の水道水質基準はWHOが定めている基準よりも厳しく設定されているので、かなり安全性は高いといえます。

おわりに

日本の水道水は世界から見てもトップレベルの安全性を誇る水です。たしかにトリハロメタンをはじめとする塩素の問題、旧来的な水道管による危険性などリスクがまったくないわけではありませんが、ただただ危険視するのも問題の本質を捉えない見方だと思います。

まずは水道水のことを知り、自分がどのように水と接していくかで考えられればいいのではないでしょうか。

ウォーターサーバーNAVI編集部
ウォーターサーバーNAVI編集部

ウォーターサーバーNAVIはウォーターサーバーを比較検討中の方をサポートする情報サイトです。おすすめのウォーターサーバーの口コミ、評判をはじめ人気ランキングや比較表も掲載しています。ウォーターサーバー選びに迷ったらぜひ当サイトをお役立てください。

おすすめ記事

1
ウォーターサーバーを導入したいけど、「うちには置き場所がない…」なんて困っていませんか? 最近はスリムなものも増えていますが、それなりのスペースは必要とするので適当に決めて失敗した、というケースも。 ...
2
ウォーターサーバーのお水を選ぶとき、 「お水の安さを重視したい」 「飲みやすいお水がいい」 という方は少なくないのではないでしょうか。そんな方にはRO水がおすすめです。 RO水は一般的に天然水よりも価 ...
3
「ウォーターサーバーは気になるけど一人暮らしだから…」と躊躇していませんか? 家庭で使う場合とはお水の量や設置するスペースなども違ってくるため、失敗しやすいというイメージがありますよね。ですが気を付け ...
4
2011年3月11日の東日本大震災でライフラインが寸断された際、ウォーターサーバーを使っていた世帯では「あって良かった」という声が多数あったそうです。 これは普段使っているウォーターサーバーのお水が備 ...
5
大切な家族の一員であるペット。そのペットの健康のために、ペットフードなど口にするものには気を使いますよね。 お水もそのひとつ。市販のペット専用のお水を買っているという方も少なくないのではないでしょうか ...
6
ウォーターサーバーといえば家庭で使うイメージがあり、興味を持つのは女性が多いと思われがちです。しかし実は最近では一人暮らしの男性ユーザーも増えてきているんです。 男性がウォーターサーバーを使うシーンと ...
7
みなさんはウォーターサーバーと聞いてどんな姿を思いうかべますか? 簡素すぎる やぼったい(ダサい) といったイメージが強いのではないでしょうか? これではせっかく興味を持っても 「部屋の雰囲気にマッチ ...
8
ウォーターサーバーを使うとき、ひと月にかかる料金は気になるところですよね。 家族で使っている場合はお水の消費量も多く、家計をやりくりするお母さんは「なるべく安くおさえたい・・・」と思う方も多いはず。最 ...
9
ウォーターサーバーはお店や病院で使ったことがあるくらい、という方も多いのではないでしょうか? 家庭で使ったことがないと、使い勝手は詳しくはわかりませんよね。 「興味はあるけど、いきなり契約は気が引ける ...
10
最近、高齢の方にもウォーターサーバーの利用者が増えているってご存知ですか? 薬を飲むときやお茶を入れるときなど、実は「高齢の方にもウォーターサーバーを使うと便利なシーンが多いんです」 また高齢になると ...

Copyright© ウォーターサーバーNAVI@スポニチ , 2020 All Rights Reserved.