ウォーターサーバーはいらない?おすすめできる人できない人

ウォーターサーバーはいらない?おすすめできる人できない人

多くのご家庭や店舗等で導入が進んでいるのがウォーターサーバー。しかし本当に必要なのでしょうか?

導入するにしてもスペースが必要ですし、毎月コストが掛かることも事実です。

今回は、サーバーが必要な人と不要な人を徹底解説します。自身がどちらに当てはまるのかを考えてみてください。

ウォーターサーバーが不要と感じる理由

ウォーターサーバーが不要と感じる理由

実際にウォーターサーバーを使っていた人がやめた理由に迫ります。なぜ彼らはサーバーを不要と感じたのでしょうか?

毎月のコスト

ウォーターサーバーを利用し続けるためには、一定の費用がかかります。月々数千円から10,000円以上かかるケースも有るため、コストが負担となって継続できなくなることも珍しくありません。

サーバーのコストで代表的なのが、以下の4つです。

  • 水の料金
  • サーバーレンタル料
  • メンテナンス料
  • 電気代

水の料金

コストの中心となるのが水の料金で、注文すればするほど費用がかかります。ただ水の料金は、メーカーによっても12リットルボトル1本あたりで1,000円程度の開きがあるため、安い業者を選ぶと負担感は減るでしょう。

サーバーレンタル料

サーバーレンタル料は無料のサーバーもあれば、月に1,000円程度かかるサーバーもあります。有料サーバーは、クリーン機能や省エネモードなどを搭載している、機能性豊かな最新鋭タイプのサーバーに多く見られます。

レンタル料が無料のウォーターサーバーはこちら

メンテナンス料

サーバーの内部については分解しないと綺麗にできないため、専門業者にメンテナンスを依頼しなければならず、一定のコストがかかることもあります。

メンテナンス料は無料としている業者もありますし、1回あたり数千円から10,000円程度徴収する業者もあります。ちなみに内部クリーン機能と呼ばれる温水を循環させるような機能が搭載されているサーバーもあり、そちらは内部メンテナンスが不要です。

電気代

サーバーを稼働させるためには電気が必要であり、月に500円から1,000円程度の電気代が発生します。機種によっては省エネモードが搭載されており、月に300円から500円のコストで済むものもあります。

月額費用が安いウォーターサーバーはこちら >>

ノルマを達成できない

ウォーターサーバー各社では「月に12リットルボトル2本」などのノルマを設定しており、達成できないと数百円から1,000円程度の料金が徴収されることもあります。

以下に、有名ウォーターサーバーのノルマを紹介します。

メーカーノルマ
アクアクララなし
アルピナウォーターなし
クリクラ3ヶ月で6本(72リットル)
信濃湧水3ヶ月で4本(45.6リットル)
プレミアムウォーター月に2本(24リットル)
フレシャス(dewo)月に2箱(57.6リットル)
コスモウォーター月に2本(24リットル)
うるのん月に2本(24リットル)
キララ月に2本(24リットル)

自分がどれだけのサーバー水を利用するかわからない方は、以下の表を参考にしてください。

家族構成使用量目安
一人暮らし12リットル
二人暮らし24リットル
3人家族36リットル
4人家族48リットル

一人暮らしだと12リットルボトル1本程度しか利用しないため、なるべくノルマ無しのサーバーを利用しましょう。二人暮らしでも、外食が多かったり家にいる時間が短かったりすると、水の利用量が少なくなりノルマを達成できないケースも出てくるので気をつけてください。

3人家族以上であると1ヶ月あたりの水の消費量も多くなるので、ノルマを気にする必要はなくなるでしょう。

ボトルの交換が面倒

水のボトルは12リットル入りのものが多いため、サーバーに設置するだけでも一苦労です。とくに高齢者や女性だとボトルの交換で体を痛めてしまうこともあるほどです。

ボトルの交換に不安を抱えているのであれば、水道直結型のボトル交換が不要なサーバーもオススメです。

また軽量タイプのボトルを取り扱っているメーカーもあり、たとえばアクアクララは7リットルボトル、フレシャスは9.3リットルボトルや7.2リットルパックを展開しています。最近ではサーバー上部にボトルを設置するものではなく、下部に設置する下置きタイプのサーバーも増えています。

設置する場所がない

ワンルームマンションなどに住んでいる一人暮らしの方などは、スペース的な問題から「いらない」と判断するケースもあります。

とくに据え置きタイプ(ロングタイプ)のサーバーは、高さが120センチを超えるものも少なくありません。狭い部屋だと大きなスペースがとられている印象になりかねず、結果邪魔に感じて解約に至るケースも増えているのです。

サーバーの中には、省スペースな卓上タイプ(ショートタイプ)もあります。

幅と奥行のサイズは一緒ですが、高さについては大きな違いがあります。ショートタイプはテーブルの上に置いたり台所の上に置いたりして使えるので、置き場所に不安を感じている方にオススメです。

オススメの卓上型ウォーターサーバーはこちら >>

ウォーターサーバーをお勧めできない人

ウォーターサーバーをお勧めできない人

ウォーターサーバーが必要ないのはどのような人なのでしょうか?

ウォーターサーバーの導入をお勧めできない人の条件を見ていきましょう。

ペットボトルの水の購入が苦ではない人

ウォーターサーバーのメリットの一つが、玄関先に水が届くところです。ミネラルウォーターのペットボトルなどをわざわざスーパーなどで購入する必要がなくなるため、買い物が圧倒的に楽になります。

サーバーの維持費(電気代やレンタル料など)まで含めて考えると、さすがにミネラルウォーターのほうがコストは安いので、ペットボトルの水の購入が苦でなければサーバーの導入はお勧めできません。

水道水を飲むことに抵抗がない人

水道水を普段から飲んでいるなど抵抗感がない方であれば、ウォーターサーバーの必要性はあまり感じないでしょう。浄水器を利用して水道水を飲んでいる方も、サーバーを導入するメリットは少ないです。

ウォーターサーバーの水は地下水脈から組み上げた天然水や特殊なフィルターで浄水されたRO水であり、水道水に含まれる塩素や鉄さびは含まれておらず「美味しい」と評判です。水道水の独特な風味が苦手ではない人も、サーバーを導入する必要性は低いでしょう。

お湯を沸かすのが面倒ではない人

ウォーターサーバーの多くには温水機能がついているため、いつでも好きなときに温かい飲み物が楽しめます。お湯をヤカンで沸かしたり、ポットで沸かしたりすることに負担を感じない方は、サーバーの必要性をあまり感じないかもしれません。

ちなみにポットの電気代はenepiによると月に1,000円程度とされています。ウォーターサーバーの場合は温水機能に冷水機能までついて月に500円から1,000円程度とされているので、電気代のみで考えるとポットよりもサーバーのほうがお得です。

ウォーターサーバーをお勧めできる人

ウォーターサーバーをおすすめできる人

一方で、ウォーターサーバーが活かせるのはどのような人なのでしょうか?自身が当てはまるかを考えながらチェックしてみましょう。

温かい飲み物を利用する機会が多い人

あなたはコーヒーや紅茶、そしてお茶などの温かい飲み物を飲む機会が多いでしょうか?朝の忙しい時間に、ヤカンでお湯を作ったりするのは面倒ですよね。季節に関係なく温かいものを飲む機会が多い方であれば、いつでもすぐに温水を利用できるウォーターサーバーがオススメです。

ウォーターサーバーの温水の温度は80度から90度前後に設定されていることが多いため、温かい飲み物を作る時に最適です。味噌汁やコーンスープなどのフリーズドライ系スープを作るときにも、温水は役立ってくれます。

水の消費量が多い人

水を多く飲むと代謝カロリーが向上したりお肌の保湿性もアップしたりするとされているので、美容や健康のために1日あたり2リットル以上の水を飲んでいる方も多いのではありませんか?

水の大量消費で問題になるのが、ペットボトルのゴミです。1日2リットル飲むと月に2リットルボトルで30本になりますし、500mlボトルなら120本です。ゴミの保管および処理に大きな労力を割かなければなりません。

ウォーターサーバーでもゴミは発生しますが、ボトル1つあたりの基準が12リットルです。リターナブルボトルは次回配送時に配達員に回収してもらえますし、ワンウェイボトルの場合は小さく折りたたむなどして家庭ゴミとして処分できます。

サーバーを利用していれば、ペットボトルが冷蔵庫を占拠するような状況も避けられます。買い物の手間も少なくなるので、水の消費量が多いと感じている方はサーバーの利用を検討しましょう。

幼い子どもがいる人

ウォーターサーバーの水は安全性が高く、しかもミルク作りに適した温度で利用できます。

とくに注目してほしいのが、水のミネラル成分の割合を表す硬度です。

赤ちゃんは内臓が未発達です。ミネラル成分が負担となって、おなかを壊してしまうことがあります。そのためミネラル成分が少ない軟水や、ミネラルや不純物を一切取り除いた、ピュアウォーターと呼ばれる純水が最適(以下略)

ウォーターサーバーで取り扱っている水の多くが硬度の低い軟水であり、中には超軟水と呼ばれるミネラルをほとんど含んでいないものもあります。さらにミネラルを一切取り除いたピュアウォーターを取り扱っているメーカーもあるため、赤ちゃんにも安心して飲ませられます。

サーバーには温水機能もあるため、ミルク作りにも活かせられます。赤ちゃんのミルクの作成には70度以上の温水の利用を推奨されていますが、ウォーターサーバーの多くが70度以上のお湯に対応しています。いつでも温かい水が利用できるので、夜中でも赤ちゃんを待たせることなくすぐにミルクが作れるわけです。

赤ちゃんがいるご家庭にオススメのウォーターサーバーはこちら >>

まとめ

ウォーターサーバーが必要な人といらない人についてお伝えしました。

必要な人は温かい飲み物を多く利用する方、水を大量消費する方、赤ちゃんがいる方などです。一方でいらない人は、水の買い物が苦ではなく、水道水の飲用に抵抗がなくお湯を沸かすのが面倒ではない方です。

あなたはどちらに当てはまるでしょうか?普段の自分の生活に当てはめて本当にウォーターサーバーが必要か、それとも不要かを考えてみましょう。

ウォーターサーバーNAVI編集部
ウォーターサーバーNAVI編集部

ウォーターサーバーNAVIはウォーターサーバーを比較検討中の方をサポートする情報サイトです。おすすめのウォーターサーバーの口コミ、評判をはじめ人気ランキングや比較表も掲載しています。ウォーターサーバー選びに迷ったらぜひ当サイトをお役立てください。

おすすめ記事

おすすめの卓上型ウォーターサーバー 1
ウォーターサーバーを導入したいけど、「うちには置き場所がない…」なんて困っていませんか? 最近はスリムなものも増えていますが、それなりのスペースは必要とするので適当に決めて失敗した、というケースも。 ...
2
ウォーターサーバーのお水を選ぶとき、 「お水の安さを重視したい」 「飲みやすいお水がいい」 という方は少なくないのではないでしょうか。そんな方にはRO水がおすすめです。 RO水は一般的に天然水よりも価 ...
3
「ウォーターサーバーは気になるけど一人暮らしだから…」と躊躇していませんか? 家庭で使う場合とはお水の量や設置するスペースなども違ってくるため、失敗しやすいというイメージがありますよね。ですが気を付け ...
4
2011年3月11日の東日本大震災でライフラインが寸断された際、ウォーターサーバーを使っていた世帯では「あって良かった」という声が多数あったそうです。 これは普段使っているウォーターサーバーのお水が備 ...
5
大切な家族の一員であるペット。そのペットの健康のために、ペットフードなど口にするものには気を使いますよね。 お水もそのひとつ。市販のペット専用のお水を買っているという方も少なくないのではないでしょうか ...
6
ウォーターサーバーといえば家庭で使うイメージがあり、興味を持つのは女性が多いと思われがちです。しかし実は最近では一人暮らしの男性ユーザーも増えてきているんです。 男性がウォーターサーバーを使うシーンと ...
7
みなさんはウォーターサーバーと聞いてどんな姿を思いうかべますか? 簡素すぎる やぼったい(ダサい) といったイメージが強いのではないでしょうか? これではせっかく興味を持っても 「部屋の雰囲気にマッチ ...
8
ウォーターサーバーを使うとき、ひと月にかかる料金は気になるところですよね。 家族で使っている場合はお水の消費量も多く、家計をやりくりするお母さんは「なるべく安くおさえたい・・・」と思う方も多いはず。最 ...
無料お試しレンタルができるウォーターサーバー 9
ウォーターサーバーはお店や病院で使ったことがあるくらい、という方も多いのではないでしょうか? 家庭で使ったことがないと、使い勝手は詳しくはわかりませんよね。 「興味はあるけど、いきなり契約は気が引ける ...
10
最近、高齢の方にもウォーターサーバーの利用者が増えているってご存知ですか? 薬を飲むときやお茶を入れるときなど、実は「高齢の方にもウォーターサーバーを使うと便利なシーンが多いんです」 また高齢になると ...

Copyright© ウォーターサーバーNAVI@スポニチ , 2020 All Rights Reserved.