お水で味が変わる!コーヒーのためのお水選び

お水で味が変わる!コーヒーのためのお水選び

自分でコーヒーを淹れるとき、お水は水道水しか使わないよ、という人は意外と多いようです。

お気に入りのコーヒー豆を使うことは大事ですが、コーヒーに合うお水を選ぶのも大切だと知っていただきたいです。ここでは、コーヒーのためのお水選びを紹介します。

水道水でコーヒーを淹れるということ

水道水でコーヒーを淹れるということ

なんとなく水道水を使っている、ミネラルウォーターを使うメリットがわからないなど、さまざまな理由で水道水をコーヒーに使っていると思います。

日本は水道水をそのまま飲むことが出来る数少ない国です。水処理施設で作られた水自体はとても綺麗で申し分ないのですが、家庭によっては水道管が古くなってサビている場合があり、そういうケースでは水道水に鉄分が含まれることもあります。

この鉄分がコーヒーに含まれるタンニンと結合することで味を損なう原因に繋がります。もちろん、水道水でコーヒーを飲むことは自由ですが、せっかくならおいしく飲みたくありませんか?

水には種類がある

水には種類がある

水道水やミネラルウォーターといった水は、硬度の低い「軟水」と硬度の高い「硬水」の2種類に分けられます。

硬度とは水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の含有量を表しています。日本の水は軟水が多いですが、ヨーロッパなど欧米では硬水が主流となっています。

軟水

まろやかな口当たりでクセが少ないお水です。コーヒーを淹れる時に軟水を使うと、まろやかに酸味を引き出す働きがあります

また、軟水は炊飯する時や出汁をとる時に適しており、素材の旨味や香りを引き出してくれます。(逆に硬水は炊飯などには向いておらず、その代わりお肉を使った煮込み料理と相性が良いといわれています。)

硬水

硬度が高くミネラル分も多いため、クセがあります。喉越しがあまり良くなく、硬水は軟水に慣れている日本人にとって飲みにくいと言われます。コーヒーを淹れる時に硬水を用いると、コクを引き出すため苦味のあるコーヒーに仕上げられます。

日本人にとっては飲みにくいという短所はありますが、硬水には腸の動きを活発にしたり脂肪を燃やしたりするカルシウムが多く含まれているので、便秘の改善やダイエットのために飲む人も多くいます。

番外編:RO水

馴染みの無い方が多いかもしれません。RO水とはRO膜処理した水を指します。RO膜という超微細フィルターを通して細菌などの不純物を取り除くため、純水に限りなく近い水となります。

そのため安心・安全な水とされ、赤ちゃん用の調乳用などに推奨されることがあります。

しかし、RO水は不純物だけでなくミネラル分まで除去されてしまうので、天然水のような旨味はありません。(※ウォーターサーバーなどで提供されているRO水は、このデメリットを補うために、製造過程でミネラルを添加しているものもあります。)

このような特徴をもつRO水ですが、非常にクリアな水であるため、コーヒーそのものの風味と香りを楽しめます。

このように、それぞれの水の特徴によってコーヒーの味は微妙に変わります。まろやかなコーヒーが好きな方は軟水を、苦味のあるコーヒーが好きな方は硬水を使うと良いでしょう。

コーヒーに使うミネラルウォーターを買う手間を省くには

コーヒーに使うミネラルウォーターを買う手間を省くには

コーヒーのために使う水ですが、無くなる度に買いに行くのは大変で荷物も重たくなります。「コーヒーにこだわりは持ちたいけど頻繁に重たいお水を買わなきゃいけないのは面倒」という方におすすめなのがウォーターサーバーです。

毎月電気代は掛かってしまいますが、連絡すればおいしいお水を自宅まで運んでくれるので、重たい水をわざわざ買いに行く手間がなくなります。

ウォーターサーバーといえば冷たいお水のイメージが印象にあるかもしれませんが、もちろん冷水だけでなく熱湯もすぐに使えるので、コーヒーやお茶をいつでも飲めるのが嬉しいポイントだと思います。

コーヒー好きにおすすめのウォーターサーバー

コーヒーメーカーとウォーターサーバーがコラボ!Slat+café(スラットカフェ)

スラットカフェ

フレシャスから登場したのはなんとカフェ機能がついたウォーターサーバー。朝の忙しい時間でも簡単にコーヒーを楽しめる、コーヒー好きにはたまらないサーバーです。

もちろんスラットのエコモードやリヒート機能など、便利さはそのままなのでとっても使いやすい!

UCCドリップポットだけでなく、お好きな豆でもコーヒーが楽しめるのところがポイント。おいしい天然水で入れたコーヒーは味も格別です。

今なら22杯分のUCCドリップポットが無料でもらえるキャンペーン中!

まとめ

このようにお水には軟水や硬水などがあり、それぞれに異なる特徴を持ちます。これらの特徴がコーヒーの味を変えるため、一概に水の良し悪しを決めることはできません。

まろやかな酸味を引き出したい場合は軟水を、コクがあり、苦味が強いコーヒーにしたい場合は硬水を、コーヒーそのものの風味と香りをとことん追求したい場合はミネラルがあまり添加されていないRO水を選ぶと良いでしょう。

この記事を参考に、ぜひあなたの好みに適したお水を選んでください。

ウォーターサーバーNAVI編集部
ウォーターサーバーNAVI編集部

ウォーターサーバーNAVIはウォーターサーバーを比較検討中の方をサポートする情報サイトです。おすすめのウォーターサーバーの口コミ、評判をはじめ人気ランキングや比較表も掲載しています。ウォーターサーバー選びに迷ったらぜひ当サイトをお役立てください。

おすすめ記事

1
ウォーターサーバーを導入したいけど、「うちには置き場所がない…」なんて困っていませんか? 最近はスリムなものも増えていますが、それなりのスペースは必要とするので適当に決めて失敗した、というケースも。 ...
2
ウォーターサーバーのお水を選ぶとき、 「お水の安さを重視したい」 「飲みやすいお水がいい」 という方は少なくないのではないでしょうか。そんな方にはRO水がおすすめです。 RO水は一般的に天然水よりも価 ...
3
「ウォーターサーバーは気になるけど一人暮らしだから…」と躊躇していませんか? 家庭で使う場合とはお水の量や設置するスペースなども違ってくるため、失敗しやすいというイメージがありますよね。ですが気を付け ...
4
2011年3月11日の東日本大震災でライフラインが寸断された際、ウォーターサーバーを使っていた世帯では「あって良かった」という声が多数あったそうです。 これは普段使っているウォーターサーバーのお水が備 ...
5
大切な家族の一員であるペット。そのペットの健康のために、ペットフードなど口にするものには気を使いますよね。 お水もそのひとつ。市販のペット専用のお水を買っているという方も少なくないのではないでしょうか ...
6
ウォーターサーバーといえば家庭で使うイメージがあり、興味を持つのは女性が多いと思われがちです。しかし実は最近では一人暮らしの男性ユーザーも増えてきているんです。 男性がウォーターサーバーを使うシーンと ...
7
みなさんはウォーターサーバーと聞いてどんな姿を思いうかべますか? 簡素すぎる やぼったい(ダサい) といったイメージが強いのではないでしょうか? これではせっかく興味を持っても 「部屋の雰囲気にマッチ ...
8
ウォーターサーバーを使うとき、ひと月にかかる料金は気になるところですよね。 家族で使っている場合はお水の消費量も多く、家計をやりくりするお母さんは「なるべく安くおさえたい・・・」と思う方も多いはず。最 ...
9
ウォーターサーバーはお店や病院で使ったことがあるくらい、という方も多いのではないでしょうか? 家庭で使ったことがないと、使い勝手は詳しくはわかりませんよね。 「興味はあるけど、いきなり契約は気が引ける ...
10
最近、高齢の方にもウォーターサーバーの利用者が増えているってご存知ですか? 薬を飲むときやお茶を入れるときなど、実は「高齢の方にもウォーターサーバーを使うと便利なシーンが多いんです」 また高齢になると ...

Copyright© ウォーターサーバーNAVI@スポニチ , 2020 All Rights Reserved.