×

京口 王座統一へ会場変更歓迎「標高が低くなったのはいい知らせ」

[ 2022年5月24日 05:30 ]

WBA世界ライトフライ級王座統一戦   スーパー王者・京口紘人《12回戦》正規王者エステバン・ベルムデス ( 2022年6月10日    メキシコ・グアダラハラ )

敵地メキシコへ乗り込む京口(ワタナベジム提供)
Photo By 提供写真

 敵地で王座統一を目指すスーパー王者の京口が23日、オンラインで取材に応じ、標高2240メートルのメキシコ市から1566メートルのグアダラハラへの開催地変更を「標高が低くなったのはいい知らせ」と歓迎した。

 変更に伴い現地入りも約10日遅らせており、「日本で調整できる期間が増えたのはプラス」と前向き。都内施設での低酸素トレーニングに手応えを示す一方で、「アウェーには変わりない」と冷静だった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月24日のニュース