×

京口 出発今月末に変更、開催地変更でも高地トレ継続

[ 2022年5月20日 05:30 ]

WBA世界ライトフライ級王座統一戦   スーパー王者・京口紘人《12回戦》正規王者エステバン・ベルムデス ( 2022年6月10日    グアダラハラ )

エステバン・ベルムデスのパネルと記念撮影する京口(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人と正規王者ベルムデスの統一戦の開催地が、メキシコシティーからグアダラハラに変更された。京口が契約を結ぶ英興行大手マッチルームが18日に発表した。京口は標高2240メートルのメキシコシティー対策として試合の約3週間前に現地入りし、3400メートル地点で高地トレーニングを行う計画だったが、グアダラハラは1566メートル。出発を今月末に変更し、国内の施設で高地トレを続ける。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月20日のニュース