×

尾川 6・4英国で初防衛戦“ゴロフキングローブ”使用 敵地も「むしろテンションが上がる」

[ 2022年5月6日 05:30 ]

IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ   王者 尾川堅一《12回戦》同級3位 ジョゼフ・コーディナ ( 2022年6月4日    英カーディフ・モーターポイントアリーナ )

ゴロフキンも使用していたグラント社製グローブで初防衛戦に臨む尾川(カメラ・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 敵地・英国ウェールズでの初防衛戦が決まった王者・尾川が5日、都内のジムで取材に応じた。カーディフはコーディナの出身地で「相手の超地元だけど、英国と言えば近代ボクシング発祥の地。そこへ行けるのはむしろテンションが上がる。アウェーで勝つことに意味があって、評価も上がる」と前向きだった。

 4月の世界ミドル級王座統一戦をリングサイドで観戦し、敵地の日本に乗り込んできたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がジムの先輩である村田諒太にTKO勝ちした姿に感銘を受けた。「強い王者は世界のどこへ行っても勝って帰るだけ。村田さん(への応援)で地響きが起きている中でクールに勝っていって、カッコいいと思った」。ゴロフキンが使用する米グラント社製のグローブで初防衛戦に臨むことも決め、「普通に勝って、(敵地も)何てことないですよ、と言いたいですね」と不敵に笑った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月6日のニュース