×

ボクシング・プロ転向の堤駿斗 幼なじみ天心と「オファー来たらやりたいです(笑い)」

[ 2022年4月14日 05:30 ]

ポーズを決める堤駿斗(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ボクシングの世界ユース選手権を日本人で初めて制したアマ13冠の堤駿斗(はやと、22)が13日、プロ転向を表明した。4階級制覇のWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(33)が所属する志成ジムから26日にプロテストを受検し、今夏にデビュー予定。2年以内の世界王座奪取とWBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(29=大橋)に続くパウンド・フォー・パウンド(PFP、全階級を通じての最強ランキング)上位入りを目標に掲げた。

 【堤に聞く】
 ――プロ入りを決断した時期は。
 「大学4年間はアマでやると決めていた。五輪に出場できなくなって早くプロに行くことも考えたが、準備してきたものが出せる機会として(昨秋に)世界選手権があった。それでスッキリした」

 ――パリ五輪への未練は。
 「全くなかった。弟がパリを目指しているので全部夢は託した」

 ――憧れの選手は。
 「ジムの先輩の井岡一翔さん、井上尚弥さん。海外なら引退しているけどフロイド・メイウェザー。打たせずに打つ(WBOスーパーフェザー級王者)シャクール・スティーブンソンを目指したい」

 ――那須川天心が幼なじみ。
 「キックボクシングで一緒のジムだった。(6月19日の武尊戦に)勝ってボクシングに来てほしい。対戦?階級がどうですかね。オファーが来たら?やりたいです(笑い)」

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年4月14日のニュース