×

新たにプロボクサー8人が新型コロナ感染…関東地区5人、関西地区2人、西部地区1人が陽性判定

[ 2022年1月26日 18:09 ]

 日本ボクシングコミッション(JBC)は26日、日本プロボクシング協会(JPBA)加盟ジムのプロ選手8人が新たに新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 今月21日から26日までにJBCに報告されたもので、関東地区のジムに所属する20代男性5人、関西地区のジムに所属する20代の男女各1人、西部地区のジムに所属する30代男性2人の計8人。発熱や腹痛、頭痛などの症状があったため、PCR検査を受けて陽性と判定された。

 17日に陽性判定を受けた関西地区の20代女性は無症状で、すでに隔離期間が終了。残る7人うち1人は無症状で自宅隔離中、6人は発熱などの症状が続いており、5人が自宅隔離中、1人は保健所の指示待ちという。

 なお、JBCは該当者のプライバシーおよび人権への配慮から個人名、ジム名の公表は原則として行っていない。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年1月26日のニュース