×

朝倉海 しばらく格闘技から離れる理由とは?ファンから「のびのび純粋に楽しんでほしい」などと暖かい声

[ 2022年1月25日 21:00 ]

朝倉海
Photo By スポニチ

 格闘家の朝倉海(28=トライフォース赤坂)が24日に自身のYoutubeチャンネルを更新。しばらく格闘技から離れることを報告した。

 海は昨年大みそかの「RIZIN JAPAN GRAND―PRIX 2021バンタム級トーナメント」の優勝候補ながらも準決勝の瀧澤謙太(フリー)との試合で右拳を骨折。棄権せずに決勝で扇久保博正(パラエストラ松戸)と対戦したが敗れて優勝を逃し、3年連続で大みそか黒星となってしまった。

 動画で「一旦格闘技もYouTubeとかも休もうかなと思って、この機会に練習の環境や仕事の環境を色々と整えようと思って準備してました」説明した上で格闘技の練習については「練習も1回辞めようかなと思ってます。手を骨折してるから他に出来る事として、足を鍛えたりや走ったりとか色々とやってたんですけど、蹴ったりしてもちょっと手に響いてきたりとか走ったりしても振動で痛かったりするんよ。ケガが悪化してってるのかな?みたいな感じだったので、1回練習も1ヶ月とか何もしなくてもいいかなと思った」と一旦格闘技の練習からも離れる理由を語った。

 日常の決まっていることを続けていると考えが一つになりやすく新たな考えが浮かんでこなかったりするという海。「もう思い切って休んで、そういう時に新たな考えや違う角度から思いつくこともあるのかなと思った。違うことをしてる時に新しい企画のアイデアや格闘技の考え方などの閃きみたいのがあると思うんでちょっと違う視点から見よう」とも話した。

 この報告にファンからは「今後の活躍楽しみに待ってるので焦らず完治させてください」「海さんの努力が報われますように」「急がないで完全復活してから強くなってバンタムを再び盛り上げてくれ!」「好きだからこそしばらく格闘技から離れるのも大事だね!」「自分の人生をのびのび純粋に楽しんでほしい」などと暖かい声が多く挙がった。

 動画では今やりたいことということで横浜・中華街へ中華料理を食べにいったりなどをしている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年1月25日のニュース