武尊 フェザー級王者・軍司と対戦 VS天心見据え「どうなるか楽しみ」

[ 2022年1月14日 05:30 ]

「K-1WORLD GP  2022 JAPAN」スペシャルエキシビジョンマッチ出場を発表した武尊(左)と軍司泰司
Photo By スポニチ

 「K―1 WORLD GP 2022 JAPAN」(2月27日、東京体育館)の会見が都内で開かれ、スーパーフェザー級王者・武尊(30)がスペシャルエキシビションでフェザー級王者・軍司泰斗(22)と対戦することが発表された。

 普段はリミット60キロで戦っている武尊は6月に那須川天心(23)との対戦を控えている。試合は58キロ契約で、それを見据えてK―1サイドが57・5キロのフェザー級王者を相手に選んだ。

 昨年3月以来のリングとなる武尊は「天心選手との試合に向けて体づくり、練習をしてきて、自分が一番強いと感じている。それを軍司選手にぶつけてどうなるか楽しみ。エキシビションではなく試合と思っている」と倒しにいく決意だ。契約体重やルールなどは今後発表される。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2022年1月14日のニュース