RIZINアドバイザー岸博幸氏、武尊VS天心戦消滅報道にコメント「完全に無くなったということはない」

[ 2021年10月23日 21:43 ]

岸博幸氏
Photo By スポニチ

 元経産官僚で慶大大学院教授の岸博幸氏(59)が23日放送のABEMA「NewsBAR橋下」(土曜後9・00)に出演。この日、キックボクシングの“神童”那須川天心(23)とK-1王者・武尊(30)の対戦が消滅した可能性を一部で報じられたことについて、言及する場面があった。

 RIZINアドバイザーの顔も持つ岸氏に、MCの高橋茂雄(45)が「武尊VS天心はどうなってますか?」と直撃。これに岸氏は「きょうの報道でいろいろと出てましたけど、完全に無くなったということはありませんと、僕は認識しています」と回答した。

 「いろいろと団体同士とか本人同士の立場があって、揉めていて」と、岸氏が事情を説明していると、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)は「これは岸さんが全部画を描いてるんでね」と手厳しいジョーク。岸氏が笑いながら否定するも、橋下氏は「無くなっただの、どうのこうの言ってね。この年末に持って行って、チケット売りまくるわけじゃないですか?」と勘ぐると、岸氏は「そんなんまで、やんない」とキッパリ。

 「でも、自分が聞いてる限りでは、完全に無くなったということはない。まだまだ、どうなるかわからない状況ですね」と、話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月23日のニュース