金メダルの入江聖奈「ゲーム会社で就職したい」 ボクシングは大学で“引退”へ

[ 2021年8月3日 16:25 ]

東京五輪第12日 ボクシング女子フェザー級決勝 ( 2021年8月3日    両国国技館 )

金メダルを獲得し、涙する入江聖奈(ロイター)

 入江聖奈(20=日体大)が2019年世界選手権覇者のネスティー・ペテシオ(29=フィリピン)を5―0の判定で下し、金メダルを獲得した。日本勢の金は1964年東京大会の桜井孝雄、2012年ロンドン大会の村田諒太に続いて13年ぶり3人目。女子では初の快挙となった。

 表彰式後の記者会見で、次の目標を問われた入江は「次の世界選手権で金メダルを獲ること」と明かしたが、3年後のパリ五輪については「自分の中で有終の美で終わりたいっていうのが強くありまして、やっぱり大学いっぱいでボクシングは辞めるつもり」と、卒業後は競技を続けない意向を示した。

 進路については「カエル関連で就職できたらいいんですけど、ネットで調べても、なかなか就職先が出てこない。ゲームが好きなのでゲーム会社で就職したいと思います」とし、「4年から就活しないといけないので、頑張りたいと思います」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年8月3日のニュース