井上尚弥 帰国便でサプライズ 祝福アナウンス&フルーツプレート

[ 2021年6月23日 05:30 ]

米ラスベガスから帰国する機中で日本航空から勝利を祝福された井上尚弥(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 米ラスベガスでの防衛に成功したWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)が22日に帰国した。当初は21日の帰国予定だったが、現地で1日静養し、この日の帰国となった。

 帰国便の機内では、うれしいサプライズもあった。大橋秀行会長によると「日本が誇る井上尚弥選手御一行様が搭乗されております」とアナウンスされ、客室乗務員から「NAOYA Congratulations」とチョコで描かれたフルーツプレートが贈られた。井上は「快適な時間を過ごすことができた」と感謝した。

 IBF1位ダスマリナス(フィリピン)との一戦は3回KOの完勝。聖地のファンに強烈な印象を残した。「自分でも納得する内容で勝利することができました」と振り返り、改めて「近い目標はバンタム級4団体統一」と明言。WBC王者ドネアとWBO王者カシメロが8月に統一戦を行う予定で、その勝者との対戦を目指す井上は「今後はドネア、カシメロに照準を合わせ、誰が相手でも“井上尚弥のボクシング”を見せることができるように精進していきたい」と力強く宣言した。

 3日間のホテル隔離、その後の11日間の自主隔離期間明けから再始動する予定だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月23日のニュース