京口紘人、米デビュー戦へリモート公開練習「仕上がり的には結構良いかな」

[ 2021年2月19日 20:03 ]

米国での防衛戦に向けて森且貴(左)とスパーリングを行った京口紘人(ワタナベジム提供)
Photo By 提供写真

 来月13日(日本時間14日)に米テキサス州ダラスで3度目の防衛戦に臨むプロボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(27=ワタナベ)が19日、リモートで練習を公開し、同級10位アクセル・アラゴン・ベガ(20=メキシコ)との対戦に向けて順調な仕上がりをアピールした。

 この日は日本ミニマム級7位の森且貴(21=大橋)ら3選手と計12ラウンドのスパーリングを実施。報道陣に公開したのは森と拳を交えた9~12ラウンドだけだったが、疲れが蓄積する終盤でも森のスピードにしっかり対応。自分からプレスをかけ、ロープに追い詰めて得意のボディーやアッパーを打ち込んだ。

 「スタミナがキツい中でも追い詰めることを意識した。これまでの世界戦前と比べても集中力を切らさずにできたと思う。仕上がり的には結構、良いかなと思います」

 昨年11月に大阪で予定していたV3戦は自身が新型コロナウイルスに感染したことで中止になった。精神的なダメージに加え、コロナの後遺症に悩まされた時期もあったが、海外での試合を模索する中で、英興行大手のマッチルームと契約。念願だった米国デビューが決まった。

 すでに体重を54キロ台に落とすなど減量も含めて調整は順調。京口は「日頃のトレーニングが充実しているし、環境も整えてもらっている。コロナ禍の中でチームに最善の策を尽くしてもらっていることが自分の力になっている」と周囲のサポートに感謝した。

 昨秋、米ラスベガスで防衛に成功したWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)からは「加湿器を持って行った方がいいよ」とアドバイスをもらったという。仲の良い井上尚に続く米進出。京口は「アメリカのファンにアピールするためにも、KOにはこだわりたい」と力強く宣言した。まだ渡米の日程は正式決定していないが、出発まではスパーを継続するという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年2月19日のニュース