元K―1王者グレゴリアン、ONEデビュー戦はTKO勝利 2R左ボディー一発で決めた

[ 2020年12月5日 00:33 ]

ONEチャンピオンシップ初戦を勝利で飾ったマラット・グレゴリアン
Photo By スポニチ

 4日、シンガポール・インドア・スタジアムで開催されたONEチャンピオンシップで元K―1世界王者のマラット・グレゴリアン(アルメニア)が、ONEチャンピオンシップデビュー戦TKO勝利を飾った。

 グレゴリアンは2015年にK―1の―70kg(現スーパー・ウェルター級)初代王者に輝き、その後も世界の強豪から勝利を重ねて今回は1年ぶりのリング復帰戦でイヴァン・コンドラチェフ(ロシア)と対戦した。

 1Rの序盤から相手の様子を見ながら相手の攻撃をしっかりガードし、相手の奥足へローキックを蹴っていく。しかし1R終了間際にカウンターの右フックをもらい、先にダウンを奪われてしまう。2Rも1Rに続き奥足へのローキックを蹴り続けるグレゴリアン。相手の攻撃をもらいながらも攻撃を続け、金網際に追い詰めると左ボディー一発でTKO勝利となった。

 現在のONEチャンピオンシップのキックボクシング・フェザー級は世界のトップクラスの強豪がそろっている。世界王者は空位ながらもランキング1位には元K―1 WORLD MAX世界王者で19年にONEチャンピオンシップ・フェザー級キックボクシングワールドグランプリを制したジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)、2位には元K―1 WORLD MAX世界王者のブアカーオ・バンチャメーク(旧ポー・プラムック=タイ)の弟子でもあるスーパーボン・バンチャメークがランクインし、4位にも19年にONEチャンピオンシップ・フェザー級キックボクシングワールドグランプリで準優勝だったサミー・サナ(フランス)など強豪が名前を並べる。その中にグレゴリアンも加入し、さらにキックボクシング・フェザー級が盛り上がっていくことは間違いなさそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年12月4日のニュース