井上尚弥 思わず弱音?「僕、試合終わったばかりですよ」 ベガス防衛から待機期間終えイベント登場

[ 2020年11月19日 15:26 ]

「SIXPAD HOME GYM」を体験する井上尚弥
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)が19日、都内で行われた「SIXPAD HOME GYM」記念イベントに陸上男子短距離の桐生祥秀(24=日本生命)、タレントの菜々緒(32)とともにゲスト出演した。

 米ラスベガスでの防衛に成功した井上は2日に帰国し、14日間の待機期間を終えたばかり。国内で公の場に登場するのは2月26日に俳優の藤原竜也(38)と対談して以来、約9カ月ぶりとなった。

 井上は「コロナ禍でラスベガスで世界戦ができたことを感謝している。調整が難しい中で最高の結果を出せたことに満足している」と7回KO勝ちしたジェーソン・モロニー(オーストラリア)との一戦を振り返り、自身が開発に携わった同社のサウナスーツをラスベガスでの減量の最後の3日間に使用したことを明かした。また、今後については「バンタム級を統一することを目指してやっていきたい」と、改めて4団体統一を誓った。

 「SIXPAD HOME GYM」は、EMSを中心としたトレーニングブランド「SIXPAD」が10月からサービスを開始した先進のEMSオンラインジムで、独自のハイブリッドトレーニングで筋トレも有酸素運動も、わずか10分の短時間・高効率を実現している。この日、スペシャルトレーニングとして、「SIXPAD HOME GYM」を体験した井上からは、「僕、試合終わったばかりですよ。完全オフの時期なので、心拍数がキツいですね」と思わず弱音?も飛び出した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2020年11月19日のニュース