亀田3兄弟いとこ・京之介 地元大阪への移籍初戦で近大元監督・浅井大貴と激突

[ 2020年10月27日 18:10 ]

11月に移籍初戦に臨む亀田京之介(左)とハラダジムの原田剛志マネジャー
Photo By スポニチ

 ボクシングの亀田3兄弟のいとこ、亀田京之介(22=ハラダ)が27日、大阪市住之江区の所属ジムで会見し、11月28日にエディオンアリーナ大阪第2競技場でフェザー級(リミット57・1キロ)6回戦に出場すると発表した。相手は元近大ボクシング部監督で、今月11日にプロテスト合格し、これがプロデビュー戦となる浅井大貴(31=オール)だ。

 京之介は「もちろん勝ちにいく。(試合間隔が)1年空いてるので、早く試合をしたい。いろんな選手と試合していきたい」と意気込む。所属していた協栄ジムの休会により、昨年12月の全日本新人王決定戦には救済的な措置で花形ジムに受け入れてもらい出場。その後は新たな所属先を探していた。コロナ禍の影響もあり「5、6月ごろ」に地元大阪へ戻ることを決断。9月16日付でハラダジム所属となった。

 同ジムには小1~2年ごろに約1年間通い、ボクシングを始めた場所だった。東京では一人暮らしだったが、現在は実家に住む。「やっぱり甘えてしまいますね。ご飯とか。東京では掃除、洗濯も自分でやっていたけど」。競技に専念できる環境が整い、一層の精進を誓う。

 浅井について印象を問われ「アマでは有名だったかもしれないけど。3ラウンドで終わらせます。31歳?トシでしょ。ボクのスピードについてこれないでしょ。自然にKOになると思います」と3回KOを予告した。

 ハラダジムの原田剛志マネジャー(52)は「ディフェンスに光るものがあるし、ポテンシャルを感じる。来年はランキングに入って、どんどん上を目指してほしい」と期待をかけている。

 一方、プロデビュー戦に臨む浅井は「やっと成果を出せる時が来る。去年から、この試合を目標に練習を積んできたので。アマ時代より強くなった自分を見せられるのが楽しみ」と気合十分だ。

 プロテストのスパーリングは、相手が今年7月に東洋太平洋フェザー級王座に挑んだ日本同級16位の殿本恭平(勝輝)で苦戦していた。「プロテストが情けなかった。クッソ~と思って。“こんなもんじゃない!”というところを見せますよ」と鼻息が荒い。さらに京之介の3回KO宣言をネットで既に確認していたもよう。「“3ラウンドで終わらせる”というのは(京之介が)ギブアップするという意味なんですかね。よう分かってるじゃないですか」とリング外の“舌戦”も受けて立つ構えだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年10月27日のニュース