山本アーセンが1回KO負け 1年2カ月ぶり参戦も RIZIN2連勝ならず

[ 2020年8月9日 14:54 ]

RIZIN.22   ○加藤ケンジ―山本アーセン● ( 2020年8月9日    神奈川・ぴあアリーナMM )

 1年2カ月ぶりに参戦した山本アーセン(23=KRAZY BEE/SPIKE22)が完敗を喫した。お笑い芸人の宮迫博之がリングアナウンサーを務めた第1試合で、1Rの序盤から加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM/3POUND)の打撃を浴びた。テークダウンからグラウンドに持ち込んでも優位に立てない。膝蹴りでも大きなダメージは奪えず、左フック、右フックでぐらつき、1R3分32秒、右フックに倒れると試合が止められ、KO負けとなった。

 7月21日にグアムから帰国。2週間の隔離を経ての参戦。リングサイドでは祖父で72年ミュンヘン五輪レスリング日本代表の山本郁栄氏が見守ったが、RIZIN2連勝はならなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年8月9日のニュース