愛知県内のジムで新たにコロナ感染判明 4月とは別ジム所属の10代プロ選手

[ 2020年8月4日 19:29 ]

 日本ボクシングコミッション(JBC)は4日、日本プロボクシング協会(JPBA)に加盟する名古屋市内のジムでプロ選手1人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 プロ選手は10代の男性で、今月1日の練習後に頭痛があり、3日には発熱したため、PCR検査を受け、4日に陽性と判定された。現在も37.5度程度の熱があり、自宅待機中。ジムは閉鎖中で保健所の指示待ちという。

 愛知県内のボクシングジムでは4月下旬にプロ選手2人、トレーナー2人の計4人の感染が確認されている。JBCは個人情報保護の観点からジム名などは公表していないが、4月に感染者が確認されたジムとは別のジムだという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年8月4日のニュース