ボクシング五輪代表に“神の左”山中慎介氏が金言

[ 2020年5月24日 05:30 ]

五輪代表選手らを対象としてオンライン講座の講師を務めた山中慎介氏(2列目左から2人目=日本ボクシング連盟提供)
Photo By 提供写真

 プロボクシングの元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏が23日、東京五輪ボクシング代表らを対象にしたオンライン講座の講師を務めた。コロナ禍で強化合宿が行えず、所属先で練習する選手のサポートが目的。山中氏は「プレッシャーに打ち勝つ」をテーマに「緊張を受け入れる」「悪い展開もイメージする」など自身の経験を交えて伝授。それぞれの近況を聞きながら参加者と交流した。

 女子フライ級の並木月海(自衛隊)は「応援してくれる方々への感謝などでプレッシャーに打ち勝つことができると分かりました」とコメント。男子ミドル級の森脇唯人(自衛隊)は「凄くモチベーションが上がりました」と感激していた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年5月24日のニュース