井上尚弥「共通の夢に向かって、共に歩んでいく」 「SIXPAD」パートナーに就任

[ 2020年5月18日 12:31 ]

井上尚弥
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)がトレーニング・ブランド「SIXPAD(シックスパッド)」のアスリートサポートパートナーに就任した。MTG社が18日に発表した。

 SIXPADはEMS(筋電気刺激)を中心としたトレーニングブランド。Jリーグ浦和の槙野智章や陸上短距離の桐生祥秀らともパートナーシップ契約を結んでいる。昨年11月にワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントで優勝した井上は、さらなる高みを目指して新たなトレーニング方法を模索する中、EMSに興味を持ち、「SIXPAD STATION」でEMSトレーニングを体感。効果を実感して、本格的に取り入れることを決めたという。

 井上は同社を通じ、「『SIXPAD』からサポートをいただくことになり、世界No.1を目指すという共通の夢に向かって、共に歩んでいくことを楽しみにしています。僕の自宅やジムにも、『SIXPAD』を導入していただいたので、オフの時間での“家トレ”もはかどると思います。ここまで、幸いなことに世界王者のタイトルを獲得してきましたが、僕の夢はまだまだこれからで、道はどんどん険しくなってくると思っています。さらに良いボクサーになるために、より効率的なトレーニングを追求していきます」とコメントした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年5月18日のニュース