高橋悠斗、王座返上し引退…コロナ影響で延期続き「気持ちの維持難しい」

[ 2020年4月4日 05:30 ]

ボクシングの高橋悠斗
Photo By スポニチ

 ボクシングの白井・具志堅スポーツジムは3日、公式ホームページで日本ライトフライ級王者・高橋悠斗(27)が王座を返上し、引退すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響でタイトルマッチの延期が続き「気持ちを維持することが難しいというのが理由」としている。

 高橋は昨年10月に同王座を獲得、3月15日に矢吹正道(緑)と初防衛戦を行う予定だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年4月4日のニュース