36歳奥田2冠達成!「世界タイトルはやりたい」

[ 2020年1月29日 05:30 ]

東洋太平洋・日本女子バンタム級王座決定戦   ○奥田朋子(7回負傷判定)谷山佳菜子● ( 2020年1月28日    東京・後楽園ホール )

2つのベルトを獲得して両腕を突き上げる奥田朋子(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 36歳の奥田が負傷判定で2冠を獲得した。6回にバッティングで谷山が左側頭部から出血し7回開始直後にレフェリーストップ。右のカウンターが終始有効だった奥田が3―0判定で昨年9月に引き分けた相手との再戦を制した。

 大阪の高校で教師とスクールカウンセラーの“二刀流”で勤務する奥田は「まだ実感はないけど世界タイトルはやりたい。今年37歳になるので一戦一戦すり減るものが大きい」と充実した表情をのぞかせた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月29日のニュース