村田諒太 来年は「大きな試合ができたら」、年明け10日前後に再始動へ

[ 2019年12月27日 13:31 ]

WOWOWライブ「エキサイトマッチ2019年総集編」の収録に臨んだ(左から)増田美香アナ、高柳謙一アナ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太、解説のジョー小泉氏、西岡利晃氏 
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)が27日、東京都江東区辰巳のWOWOW放送センターで「エキサイトマッチ2019年総集編」の収録に臨んだ。

 23日にスティーブン・バトラー(カナダ)を5回TKOで下して2度目の“初防衛”に成功したばかり。左目周辺には、まだ腫れが残っていたものの、「もう痛みは全然ない」と順調な回復を強調。「王座に返り咲き、初防衛もできて、いい年でした」と激動の1年を振り返り、来年に向け「大きな試合ができたら。統一戦とか名のあるチャンピオンと試合がしたい」と希望を語った。

 総集編はWOWOWで今年放送された中から試合の中から視聴者投票と有識者によるベストマッチを決定。順位は30日午後9時からWOWOWライブで放送される番組内で明かされる。ゲストとして出演した村田は番組について「エキサイトマッチ総集編は中学のころ、VHSの時代から僕の中のコーチ」と表現。自身の試合はWOWOWで放送されていないため、ランキング対象外だったが、「今年は面白い試合が多かったけど、1位は、まあ間違いないでしょう。全体的に(順位は)こんなところだと思います」と感想を語った。

 来年のビッグマッチに向け、年末年始はゆっくり休み、年明けの10日前後には再始動する予定だという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月27日のニュース