協栄・亀田京之介、竹原毅が1試合限定で花形ジム移籍 全日本新人王決定戦出場のため

[ 2019年12月11日 16:05 ]

理事会後に会見した花形会長(右)。左は協栄ジムの内田チーフトレーナー
Photo By スポニチ

 東日本ボクシング協会の花形進会長(72)が11日の理事会後に会見し、9日付で休会届を提出し、プロ活動を休止した協栄ジムの亀田京之介(21)と竹原毅(24)を自身が会長を務める花形ジムに移籍させることを明らかにした。近日中に移籍手続きを行うという。

 2人は22日に後楽園ホールで行われる全日本新人王決定戦に出場予定で、早急な対応が求められていたが、東日本協会としても選手救済を第一に考え、花形会長が英断したという。内田洋二チーフトレーナー(41)らトレーナー3人も移籍するという。暫定的な措置のため、現時点では1試合限定の移籍。他のプロ選手や今後について内田トレーナーは「選手にヒヤリングしながら決めていきたい」と話した。

 協栄ジムは1959年設立。WBAライトフライ級で日本歴代最多の13度防衛を誇る具志堅用高ら13人の世界王者を輩出した名門。金平桂一郎会長が99年に父・正紀氏からジムを引き継いだが、実質的なオーナーである経営会社とのトラブルにより、9日に休会届を提出。試合出場などのプロ活動ができなくなっていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月11日のニュース