「プロレス大賞」MVPはオカダカズチカ 4年ぶり4度目の栄誉

[ 2019年12月11日 05:30 ]

4年ぶり4度目のMVPに輝いたオカダカズチカ
Photo By スポニチ

 プロレス大賞選考会議が10日、都内で行われ、最優秀選手賞(MVP)は新日本のオカダ・カズチカ(32)に決定。国内外での実績とメディア露出で業界に貢献したことなどが評価され4年ぶり4度目の栄誉を手にした。

 都内で会見したオカダは「勢いに乗って東京ドーム(来年1月4、5日)を超満員にしたい」と目を輝かせた。さらに、10月14日に東京・両国国技館で行われたSANADA戦がベストバウトに選ばれ、ダブル受賞となった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月11日のニュース