田口さんが引退式 リング上で“元世界王者”同士の豪華スパーリング

[ 2019年12月11日 05:30 ]

引退式スパーに臨む田口良一さん(左)
Photo By スポニチ

 元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一さん(33=ワタナベ)が10日、東京・後楽園ホールで引退式に臨んだ。

 ジムの先輩である元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志さん(40)と2分×3ラウンドのスパーリングで最後の勇姿を披露。「皆さんのおかげで夢だった世界王者になれました。今後もボクシング界を盛り上げてほしい」とあいさつした。

 戦績は33戦27勝(12KO)4敗2分け。一度もKO負けのなかった元王者は惜別の10カウントを聞き、グローブをつるした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月11日のニュース