拳四朗 試合急きょ決定も歓迎「やっと違うベルトを狙える!」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

WBC・IBF世界ライトフライ級王座統一戦   WBC王者・拳四朗《12回戦》IBF王者フェリックス・アルバラード ( 2019年12月23日    横浜アリーナ )

拳四朗
Photo By スポニチ

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗は現役最多7度目の防衛戦がIBF王者との統一戦。10日ほど前に決定を知らされた父の寺地永会長は「このタイミングでは考えていなかった」というが、本人は「やっと違うベルトを狙える。新しい拳四朗を見せられたら」と歓迎した。

 すでにスパーリングを開始しており、走り込み合宿も計画中。アルバラードは37戦のキャリアを持つベテランだが、「僕の距離を保てば全然問題ない」と力強く言い放った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月17日のニュース