拳四朗、待望の王座統一戦「夢の第一歩」 八重樫は2年ぶり世界戦「命を懸けて戦う」

[ 2019年10月16日 13:23 ]

拳四朗
Photo By スポニチ

 ボクシングのトリプル世界戦が12月23日に横浜アリーナで開かれることが16日に都内のホテルで発表された。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)の初防衛戦、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(27=BMB)の王座統一戦、元3階級制覇王者・八重樫東(36=大橋)のIBF世界フライ級王座挑戦の3カードとなった。

 拳四朗は現役国内最多7度目の防衛戦であるとともに、IBF世界ライトフライ級王者フェリックス・アルバラード(30=ニカラグア)との待望の王座統一戦。「やっと違うベルトを狙える。新しい拳四朗を見せられたらいい。いろんなベルトを欲しいと思っているので、夢の第一歩として大事な試合になると思う」と意気込んだ。アルバラードは5月に小西伶弥(真正)相手に初防衛を果たした右ボクサータイプで、戦績は37戦35勝(30KO)2敗。拳四朗は「けっこう振ってくる、パンチがあるイメージ」としながらも、「僕の距離を保てば全然問題ない」と自信を口にした。

 また、八重樫はIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ(36=南アフリカ)への挑戦。世界戦はミラン・メリンド(フィリピン)にIBF世界ライトフライ級王座を奪われた17年5月以来、2年半ぶりとなる。「2年ぶりに世界戦の舞台に立てることをうれしく思う。2年間、いろんなことを考え、苦しみながらここまで来た」と明かした。スーパーフライ級でのマッチメークが難しく4階級制覇挑戦とはならなかったが、「決まったからには命を懸けて戦っていく」と決意表明した。ムザラネは坂本真宏(六島)、黒田雅之(川崎新田)の挑戦を退けるなど40戦38勝(25KO)2敗。「ムザラネ選手は同い年なので、変にモチベーションが上がった。ゾワッとした。同い年には絶対負けたくないなと気持ちが上がった」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月16日のニュース