那須川天心 熱望トーナメントV!武尊に対戦呼びかけ「俺は待ってます」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

「RISE WORLD SERIES 2019 Final Round」58キロ級トーナメント優勝を果たした那須川天心
Photo By スポニチ

 立ち技打撃格闘技の「RISE WORLD SERIES 2019 Final Round」が16日、千葉・幕張メッセで行われ、58キロ以下級トーナメント決勝は那須川天心(21=TARGET/Cygames)が志朗(26=BeWELL)に3―0で判定勝ちし、優勝を飾った。

 日本人同士のハイレベルな技術戦の末に、自身が熱望して実現したトーナメントを制した那須川は、リング上でK―1王者の武尊(28)の名を挙げ、「僕は逃げも隠れもしない。SNSに書き込んだりするぐらいなら正式な話をください。俺は待ってます」と対戦を呼び掛けた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月17日のニュース